MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

日本国内レース

  • 2019/04/08
  • RPR

4冠王者の本多が地元・岡山で開幕戦をポールtoウイン

ロードスター・パーティレースⅢは3月31日、西日本シリーズの開幕を迎えました。戦いの舞台はちらほらと桜の咲き始めた岡山国際サーキット。NDシリーズは昨年の4冠チャンピオンの88号車・本多永一が、またNDクラブマンは110号車・末金孝夫が優勝を飾りました。


エントリーはNDシリーズが15台、NDクラブマンが5台の20台でしたが、シリーズの1台が欠場して19台。今回初参加のドライバーが6名もいて、そのひとりはマツダ専務執行役員で研究開発やパワートレイン・統合制御システム開発などを担当する廣瀬一郎。西日本シリーズで2人目のマツダの「走る役員」です。さらに丸山友輝/妹尾智充/長谷川順一/ガク/川西賢作の5名も、新たに仲間に加わりました。

この日の岡山は冷たい風が吹き、肌寒いほど。日が出ているのに雨粒も落ちるなど不安定な空模様でしたが、パーティレース車両の走行時は青空が広がるドライコンディション。公式予選はオンタイムの9時20分から15分間で行われました。計測が始まって間もなく、昨年、全国/北日本/西日本の3シリーズとBest Over 50賞という4つのタイトルを獲得した本多が1分56秒461という好タイムを出します。 61号車にゼッケンを変更した杉野治彦もこのアタック1周目に1分56秒650に迫りますが、次の2周目に本多と一緒にトラフィックに引っかかってペースダウン。結局56秒台はこのふたりのみで、最前列のグリッドが確定します。続いたのはデザイン・ブランドスタイル担当のマツダ常務執行役員、30号車の前田育男。1分57秒465で3番グリッドを獲得します。以下、入賞の常連メンバーと言える46号車の長田茂久、110号車の末金孝夫までが57秒台。末金はクラブマンクラスでは断然のトップタイムです。さらにシリーズの5位は176号車の中村聡太で、6位には58号車のルーキー妹尾智充が食い込みました。クラブマンの2番手は89号車の竹内悠祐でした。

決勝は予定よりわずかに遅れて、13時34分にオールレッドのシグナルがブラックアウト。8周先のチェッカーを目指します。 ポールポジションの本多が絶妙のクラッチミートで好スタートを切りますが、フロントローを分けた杉野も序盤から猛然とプッシュ。オープニングラップからマッチレースの様相です。2列目では長田が前田をスタートダッシュで抜き去ることに成功。この2台もまた1秒以内の攻防が続きます。5番手以下のオープ二ングラップはグリッド通りで、末金、中村聡、妹尾、111号車の長谷川順一、82号車の兼原洋治、28号車の丸山友輝と続きます。妹尾/長谷川/丸山の3選手はデビュー戦とは思えない大健闘で、第2戦以降はさらなる飛躍が期待できそうです。2周目に入っても杉野の勢いは止まらず、ヘアピンではインを奪って先行しかけますが、次のリボルバーまでサイドbyサイドで粘った本多も譲りません。さらに最終コーナーでは完全にロックオン状態となるも、追う杉野がわずかにオーバーペースだったかテールをスライドさせてしまいます。ここでアクセルを戻したロスは大きく、1周終了時点で0.1秒だったギャップが一気に1.2秒差まで広がります。3位争いも延々と続きますが、5周目のヘアピンで前田が長田を抜き返したあとは、少しギャップが広がって再逆転の匂いが薄まります。NDシリーズは結局、本多が4年連続の西日本制覇に向けて開幕戦を優勝で発進。続いて杉野が2位、そして前田が一昨年の最終戦以来の3位でポディウムに上がり、今回は広島県人会がトップ3を独占する結果になりました。以下、4位に長田、5位に中村、6位に妹尾が入賞しています。

クラブマンクラスは総合でも5番手スタートの末金が、そのままの順位で走りきって優勝。シリーズクラスの入賞者(今回は6位まで)の中に、クラブマンクラスが割って入ったのは、パーティレース史上でも初めての快挙でしょう。クラス2位には竹内が続き、同じく3位で192号車の湯川勲がフィニッシュ。クラブマンは今回出走5台のために入賞は2位までですが、湯川は暫定表彰式で初めてのポディウムに立って、シャンパンファイトも味わいました。

本多は「スタートは抜群だったのに、杉野さんの勢いは半端なかったです。2周目の最終で離れてくれたので、本当に助かりました。シーズンが始まったばかりで、まだ先が見えませんね」と語りました。末金は「今日は大学の自動車部の監督が応援に来てくださったのですが、予選でコースレコードも更新できて、いい日になりました。いずれシリーズにステップアップしようと思います」と、卒業宣言をしました。

ロードスター・パーティレースⅢの西日本シリーズ第2戦は、6月30日の日曜日に開催されます。またパーティレースの次のバトルは4月13日の土曜日に、宮城県のスポーツランドSUGOで開催される北日本シリーズの開幕戦です。


Text & Photos by B-Sports

MAZDA MOTORSPORTS CHALLENGE レースに出てみたい方はこちら

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ