MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

日本国内レース

  • 2018/06/13
  • OTHER(日本)

開幕戦に続いて若武者、堤が先頭でチェッカー

6月10日、栃木県のツインリンクもてぎでGLOBAL MX-5 CUP JAPAN(GMCJ)の第2戦が開催されました。グローバルクラス8台による雨中の激戦を制したのは、T by Two CABANA Racingから出場の1号車・堤優威。開幕戦SUGOに続いてのトップチェッカーとなりました。 当日のもてぎは朝から霧雨。早朝には乾いていた路面も徐々に濡れ、公式予選の始まった10時にはほぼ全面ウエットに。全車がレインタイヤでアタックを開始しますが、使い込んだユーズドか、新品かの選択が明暗を分けることになりました。最初のアタックでリーダーボード最上段に躍り出たのが、1週間前のS耐・富士24時

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ