MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

News

  • 2018/09/13

「もの作りニッポン」の将来を支える全日本学生フォーミュラ

9月4日から9日までの5日間、静岡県の小笠山運動公園にて自動車技術会主催の第16回全日本学生フォーミュラ大会が開催され、アジア諸国など海外からのエントリーを含め98の大学が参加しました。 MZRacingは、協賛企業として名を連ねている山口東京理科大学チームを訪ね、担当教授である元マツダエンジニアの貴島孝雄さんや学生リーダーの話を聞きました。同チームの競技会の結果は、92校中22位でした。 この競技会は、「ものづくりニッポン」の将来を担う工学系学生を育てるための試みで、学生自身が企画・設計・製造したフォーミュラスタイルのクルマを持ち寄り、静的・動的な審査を経て総合評価を得るものです。対象

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ