MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

アメリカンレース

  • 2016/10/12
  • USCC

マツダプロトタイプ、IMSA最終戦プチルマンで表彰台を逃す

10月1日にジョージア州ロードアトランタにてIMSAウェザーテック選手権最終戦プチルマン10時間レースが行われ、終盤までトップ3争いに加わっていた#70マツダプロトタイプ(トム・ロング/ジョエル・ミラー)は残念ながらチェッカーまで残り10分で戦線離脱。表彰台を逃してしまいました。 ジョエル・ミラーがドライブしていたソウルレッドに塗られた#70マツダプロトタイプは、レーススタートから9時間50分を経過した時点でフューエルインジェクターが破損し出火。それに気づいたミラーは、コース上で最寄りのファイヤーステーション近くまでマシンを運び、マシンから離れました。マシンのパフォーマンスは申し分なく、

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ