MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

ニュース

  • 2018/07/02

R26Bエンジン1/6スケール精密モデルを開発中

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone

1991年6月、マツダ787Bはルマン24時間レースにおいて、メルセデスベンツ、ジャガーとの激しい戦いを制し、日本車初の総合優勝を勝ち取りました。同マシンに搭載されていた4ローターエンジンは2018年で86回を数える長いルマンの歴史でも、史上初のレシプロエンジン(往復ピストン機関)以外の内燃機関であり、その記録は今後も揺るがされる事はないでしょう。

 

MZRacingではマツダ株式会社の協力の元、この輝かしく歴史的なエンジンの1/6精密モデルをエンジン模型の第一人者である日下エンジニアリング株式会社との共同開発に着手しました。同社がこれまで培ってきた技術と匠の技の集大成が織りなす完全ハンドメイドの日本国内生産品です。

 

 

R26B 4Rotor Racing Rotary Engine モデル概要

2018年10月発売予定

素材 レジン&ホワイトメタル製 本体寸法 W=165/L=127/H=84mm(設計予想値) 重量約 1.2kg(ケース含む 予定)
世界限定100個 アクリルケース &メタルプレート製シリアル番号付

当時のエンジン開発スタッフによるR26B開発エピソード等をまとめたブックレットをセット(予定)

販売予定価格 78,700円(税別)

※販売予定価格は7月時点での予定価格となっております。状況により価格は変更となる場合がありますのでご了承ください。

トップのメイン画像はイメージです。

 

R26Bエンジンモデルについては、随時、MZRacingサイト内で状況をお伝えしていきます。

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ