MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

ニュース

  • 2017/11/24

マツダファンフェスタ2017 ロータリーファン必見のイベントが目白押し

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone

12月2日と3日の2日間にわたり、岡山国際サーキットで開催されるマツダファンフェスタ2017。今年も盛り沢山のイベントが目白押しで実施されます。

その中でも、特にロータリー50周年記念イヤーのラストイベントを飾るに相応しいロータリーファン必見のコンテンツを中心に紹介します。

会場に来られましたら是非チェックしてみてください。

 

12月2日開催イベント

1.エイトリアンカップ RX-8によるワンメイクのタイムアタックイベント

各オーナーが手塩にかけたチューンドRX-8をサーキットでその性能を解き放ち、0.01秒を競い合います。

1本目 8:00~8:15 2本目 10:25~10:40 3本目 12:20~12:35

 

2.ロータリー50周年記念トークショ

ロータリーエンジンに深く係わってこられたマツダOBの皆さんを迎え、それぞれ思い出やエピソードを語っていただきます。

 第1部     13:00~13:20 Aパドック特設ステージ 主査の想い

RX-7 FD3Sの開発主査を担当された小早川隆治さん、NB・NCロードスターの開発主査でもあり、FD3Sのシャシー開発に深く関与された貴島孝雄さん、RX-8の開発主査であった片渕昇さん、更にこれらの市販車両の限界領域を含めた操安性や出力特製などのセッティングにレーシングドライバーとして深く関与された寺田陽次郎さんを迎え、市販ロータリーマシンの開発のエピソードなどを語っていただきます。

 

 第2部 13:20~13:40  Aパドック特設ステージ マルチレーシングロータリーの歩みパート1

マルチレーシングロータリーにフューチャー。参加いただくのは、おなじみの元マツダスピード技術部長で、10AからR26Bまですべてのレーシングロータリーエンジン開発に係わった唯一のREスペシャリストである松浦國夫さんに加え、松浦さんの基で長年レーシングロータリー開発に携わってこられた元マツダ株式会社 技術研究所 水素RE担当の川野盛樹さん、ロータリーエンジンへの造詣が深いリアルテック主宰の濱口康志さん、ガレージスターフィールド代表でマツダ767Bオーナーの星野仙治さん、元マツダスピードのロータリーエンジン担当エンジニアの中野清さんの5名で3ローターの20Bから究極の4ローターエンジンであるR26Bまで、深くかつ詳細に語っていただく予定です。

 

3.松浦國夫の「REモータースポーツ語り部」

13:50~14:30 コントロールタワー2F ブリーフィングルーム

松浦國夫さんによるレーシングロータリーの誕生からルマン優勝へとつながる頂点までを自らの視点と経験でまとめたレーシングRE史をスライドを交えて語っていただきます。

 

4.マルチレーシングロータリーの歩みパート2 14:30~15:20 18番ピット内

RE50周年記念トークショー第2部では話きれなかったより深い部分を第2部パート2として、18番ピット内で実施します。ピット内には稀少なNSU社のロータリーエンジン搭載車のスパイダー、Ro80の展示をはじめ、R26Bエンジンも展示中です。

 

5.レーシングカー試走 15:50~16:10

マツダ787B、767Bを始め、デモラン予定の全マシンが試走予定です。

 

6.ロータリー車パレードラン

17:00~

ロータリーエンジン搭載車であればどなたでも参加可能。日没後なので既に暗くなっているレーシングコースを愛車のロータリーカーのヘッドライトを点灯させ、先導車つきでパレードします。(参加費無料)

参加された方にはもれなく、RE50周年記念缶バッジとロータリー50周年記念メッセージカードをプレゼント!

参加についての詳細は下記を参照ください。

http://www.mazdafanfesta.com/entrant/2017mff_re50parade_notice.pdf

 ※『ロータリー50周年記念メッセージカード』は、台風で中止となりました9月の三次のイベントの主催者様からご提供いただきました。

 

 

12月3日開催イベント

 

1.レーシングカー試走 8:30~8:50

マツダ787B、767Bを始め、デモラン予定の全マシンが試走予定です。

 

2.10Aエンジン 分解・組立ショー

ミニコース側に設置されたBe a driver. Experienceゾーン内にて10A型ロータリーエンジンを分解しながら、基本構造から当時のユニーク点をご紹介、同時に組立も実演します。

チャターマーク入りハウンジングも展示されています。

1回目 11:00~12:50

2回目 13:00~14:15

 

3.松浦國夫の「REモータースポーツ語り部」

11:30~12:10 コントロールタワー2F ブリーフィングルーム

 

4.ロータリー50周年記念トークショー 

第1部12:10~12:30 Aパドック特設ステージ 主査の想い

第2部12:30~12:50  Aパドック特設ステージ マルチレーシングロータリーの歩みパート1

 

5.NSU社製マシンデモラン 12:50~13:05  Be a driver. Experienceゾーン ミニコース

世界で初めてヴァンケル式ロータリーエンジンを開発、量産化したNSU社のロータリーエンジンを搭載したスパイダー(1ローター)とRo80(2ローター)の希少マシンがミニコースをデモランします!絶対必見のレアイベントです。

 

6.マルチレーシングロータリーの歩みパート2 14:30~15:20 18番ピット内

RE50周年記念トークショー第2部では話きれなかったより深い部分を第2部パート2として、18番ピット内で実施します。

*3、4、6は実施時間を除き12月2日と同様の内容となります。

*12/3は18番ピットにはNSU社のロータリーマシン展示はありません。

 

7.マツダ787B&767B デモラン 15:30~15:50

R26Bと13J改の4ローターロータリーエンジンサウンドのデュエットをお楽しみください。

 

8.レジェンドカーデモラン 16:00~16:20

コスモスポーツ、ファミリアロータリークーペ、サバンナRX-3、RX-7など1968年から1980年代初頭までサーキットで大活躍したロータリーレジェンドの走りをお楽しみください。

 

MZRacingブース情報

その1
S耐ドライバーやMX-5カップのドライバーによるサイン会用にレースカードを用意しました。大会公式プログラムとセットで1部1,500円。レースカードは各限定50枚なので、早目にゲットしてください。

 

その2
300枚限定のマツダファンフェスタ2017 スポーツタオルを始め、歴代のルマン参戦ロータリーマシンの精密イラストをタオル素材で再現したロータリーマシンヒストリータオルなど新商品をはじめ年内一杯で販売終了となるRE50周年アイテムや定番のロータリーグッズなどたくさんのアイテムを用意して皆様のお越しをお待ちしています。また、当日商品を購入頂いた方に、もれなく非売品のマツダ757 #201&#201缶バッジのいずれかを差し上げます。
*数に限りがありますので品切れの際はご容赦ください

 

その3
現在制作中の新作「MZRacingブルソン」を展示予定です。製作数は30-50枚程度の予定ですので是非品定めをしてみてください。当日に予約受付も行う予定です。

 

その他にも楽しいイベントがたくさん行われます。

イベント全体のスケジュールや入場料等に関しましては下記の公式サイトにてご確認ください。

http://www.mazdafanfesta.com/

皆さんのご来場をお待ちしています。

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ