MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

アメリカンレース

  • 2019/06/09
  • IMSA

マツダRT24-P、デトロイトでは波乱の日を過ごす

6月1日にミシガン州デトロイト郊外のベルアイル市街地コースで行われたスポーツカークラシックレース(1時間40分レース)で、マツダチームヨーストは困難な週末を過ごしました。

ジョナサン・ボマリートが55号車マツダRT24-P で予選3番手グリッドを獲得し、スタートで2位に浮上。レース序盤は、激しい2位争いを展開しました。また、ハリー・ティンクネルに交代した後、5位でレースに戻りましたが、追い越しを試みるマシンにヒットされるアクシデントに巻き込まれ、ターン4のタイヤバリアに衝突。このアクシデントによるダメージで、同車はリタイヤとなりました。

トリスタン・ヌネスがスタートドライバーを務めた77号車マツダRT24-Pは、7番グリッドからスタートし、オーバーテイクポイントの少ないベルアイルサーキットでは、ライバルと異なるピット戦略を採用しました。他のマシンがピットインする中、#77はそのまま走り続け、ヌネスとジャービスのコンビはワンストップでレースを走破する計画を立てました。これにより一時首位まで浮上しましたが、コーションフラッグによってアドバンテージは帳消しとなり、再スタートの際にジャービスは他のマシンによってヒットされて、スピン。9位でレースを終えました。

IMSAウェザーテックスポーツカー選手権の次戦は、6月30日にワトキンスグレンインターナショナル(ニューヨーク州)で開催される6時間レースとなります。

マツダUSAモータースポーツ担当ダイレクターのジョン・ドーナンは、「もちろん、今日のレースは私たちが望んでいた結果ではありません。それでもドライバーとチームは今日本当によく働いてくれました。77号車は数周レースをリードし、そして両車共に大きな成功のチャンスを手中にしていました。残念なことに、両車共にリスタート直後にアクトデントに巻き込まれてしまいました。55号車の場合は特に悔しい終わり方でした。なぜならハリーがちょうど3位のマシンを捉え、パスした後だったからです。私たちはまたここからスイッチを切り替え、ワトキンスグレンレースの準備を進めます」と、語っています。

【55号車ハリー・ティンクネルのコメント】
「プラクティスで少しつまずきましたが、それでもジョナサンは予選で速さを証明しました。なので、今回起こったアクシデントは大変残念でした。私は3番手のマシンを抜きに行き、その後前方の混乱を避けようとしましたが、他のクルマが私のシンを壁に押し付けたのです。ストリートサーキットはオーバーテイクが難しいのですが、今回は特にそれを痛感しました」

【 77号車オリバー・ジャービスのコメント】
「今回はプラクティス走行時間が足りないと感じました。このコースは簡単ではないし、そのプラクティス不足が予選とレースに影響を与えたと思います。それでもマツダチームヨーストは素晴らしい仕事をし、プラクティス2回目で大幅な改善を行いました。しかし、レースでは別の戦略を試す必要があり、残念ながらそれはうまく機能しませんでした。気を取り直し、次回こそ学んだことを生かさないといけないですね」

Text and Photos by Mazda USA

MAZDA MOTORSPORTS CHALLENGE マツダモータースポーツ公式サイト

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ