MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

アメリカンレース

  • 2019/07/08
  • IMSA

マツダ・チームヨースト、IMSA連続1-2フィニッシュ

7月7日にカナダ・オンタリオ州ボウマンヴィルのカナディアンタイヤモータースポーツパークにて、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権第7戦2時間40分レースが開催され、マツダ・チームヨーストエントリーの77号車マツダRT24-P(オリバー・ジャービス/トリスタン・ヌネス)が今季初優勝。1.699秒差の2位には、同55号車(ジョナサン・ボマリート/ハリー・ティンクネル)が入り、前週のワトキンスグレン戦に引き続き、連続でマツダ・チームヨーストが1-2フィニッシュを決めることとなりました。

2番グリッドから決勝レースをスタートしたマツダRT24-P 55号車のボマリートは、オープニングラップから先行するアキュラDPiを攻め続け、8周目にトップポジションを奪うとみるみるリードを築いていきました。一方、4番手スタートの77号車は、ヌネスが序盤のスティントを担当。3番手に上がって、周回を重ねます。ボマリートがダブルスティントを走り、その後ティンクネルへとつないだ55号車は、力強い走りで全周回数125周のうち87周でリードラップを走っています。しかし、最後のピットストップでホイールガンがトラブルを起こしてピット作業がやや遅れ、代わって2位に上がっていた77号車がトップポジションにつくと、最終ランナーのジャービスがそのまま30ラップをリードし、フィニッシュラインをクロス。77号車の初優勝を達成しました。

なお、レースフィニッシュ時刻から約30分前に、大きなクラッシュがコース上で発生。車両の回収のため、フルコースイエローとなり、マツダRT24-Pの2台と後続のアキュラDPi 2台は連なって走行。マツダRT24-Pが築いたアドバンテージはほぼゼロとなります。途中残り11分を残した時点で一旦赤旗レース中断となりましたが、再開時には2台のマツダRT24-Pは後続に巻き返しの隙を与えず、2戦連続でのストレートフィニッシュを決めています。

オリバー・ジャービスは、レース中の最速ラップタイムである1分6秒093(平均時速約215.55km/h)を記録。今回の優勝によるジャービスとヌネスの表彰台回数は、2位だったミッドオハイオとワトキンスグレンに続く今季3回目となり、2位のボマリート・ティンクネル組も今季3回目のポディウム登壇となりました。

IMSAウェザーテック選手権次戦は、8月4日にウィスコンシン州エルクハートレイクで行われるロードアメリカレースとなります。

【ジョン・ドゥーナン マツダUSAモータースポーツ担当ダイレクターのコメント】
「この勝利は、全てのマツダファンの皆さまのものです。私は、マツダ・チームヨーストのクルー、マルティマティック、AERの仲間達の頑張りで得た連勝を心から誇りに思います。ドライバーを含め、彼らチームの絶え間ない努力の賜物です。また、オリバーとトリスタンの最初の勝利を見届けることができ、身震いしました。2戦続けて1-2フィニッシュを実行することなど、とうてい信じられるものではありません。ジョナサンとハリーも、この日のほとんどを支配していました。彼らもこのレースを勝ちとる資格を持っていたというべきでしょう。また言いますが、私たちのゴールは、マツダブランドのためであり、マツダ車オーナー、セールス担当やマツダレーサー達のためなのです。夢は叶ったのです」

Text and Photos by Mazda USA

MAZDA MOTORSPORTS CHALLENGE マツダモータースポーツ公式サイト

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ