MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

特集

  • 2015/07/28

谷川達也のLet’s enjoy!マツ耐参戦日記 – 九州ラウンド

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
MZRacingサイトをご覧の皆さま、谷川達也です。
前回の東北ラウンドから2ヶ月振りとなるマツ耐(マツダファン・エンデュランス)九州ラウンドの模様をお伝えしたいと思います。 さて、2015年度の第2戦目となる九州ラウンド(オートポリス)ですが、九州地区では初めての開催となる「マツダファン九州ミーティング 2015 in AUTOPOLIS」と併催で行われました。

マツダファンが自慢の愛車で国際格式のレーシングコースを走れるパレードランや、今季ボクも参戦しているスーパー耐久仕様のNOPROデミオSKYACTIV-D、TCRチームや村上モータース・ロードスターなど現役レースカーのデモ走行、そして1991年のJSPC以来となるマツダ787B 202号車の24年ぶりの走行などレースカーを間近で観ることの出来るイベントになっています。さて、マツ耐(マツダファン・エンデュランス)九州ラウンドですが、前回の日記でお伝えした通り、今回から車両が新型ロードスター(ND)となりました。

ドライバーの布陣はMZRacing福田さんとスーパー耐久でのチームメイト野上達也さん、そしてチーム監督兼ドライバーの野上敏彦さんというTEAM・NOPROドライバー3人+MZRacing福田さんの4人で臨むことになりました。

【予選】
予選アタッカーはボク。監督からはワンラップ必勝で決めてこいとの指令を受け一番最初にコースイン。そして残りの時間はオートポリス未経験のMZRacing福田さんに慣れてもらう事とし、野上親子は見学のみとあいなりました。

※予選結果
総合7位・クラス1位 ベストタイム 2’28.926

【決勝】
1stドライバーはスタート時間とTEAM・NOPROドライバー3人が出演するトークショーとの時間が被ってしまったため、福田さんが担当。できればスタートは福田さん以外のドライバーで行きたかったのですが、仕方なくこの順番となりました。当の福田さんはやはり今回も見事な激走を披露。本人曰く「リアを流すように振り回してもコントロール出来るし楽しかった!やはりロードスターは振り回してナンボでしょ。」

2ndドライバーはボク。振り回して走った1stドライバーの燃費が心配でしたが、ドライブモニターの燃費表示は7Km/Lという好数値。振り回した走りとは思えない素晴らしい燃費にビックリ。これならば前戦の時のように淡々と周回をこなす走りではなく、もう少しは走りを楽しめそうです。

そして走り終えた感想は、やはり楽しい!の一言に尽きます。この車両はタイヤを含め完全フルノーマルだったのですが、それでも十分にレースが出来ました。

足回りがノーマルなので確かにサーキットを走るとロールは大き目ですが、これは不安感を覚える感覚ではなく、車両の動きを分かりやすく示してくれる感覚です。加速をすればリアが沈みブレーキを踏めばフロントが沈む。コーナリング中はロールをし、この作業を同時にすれば二つの動きが発生します。その車両の動きがドライブしながら体感でき、尚かつ次のアクションもキャッチできる動きなのです。

そんな新型ロードスターを気持ちよく走らせているとピットから手で「入れ」とのサインが(チームの意向で一般の方々が所有していないサインボードも使用禁止)。45分間という時間があっという間に過ぎていきました。指示通りピットインしグループCカーでレースを参戦していた経験を持つ3rdドライバー野上敏彦さんにバトンタッチ。スーパー耐久では走行時間が短めな野上父ですが、今回は少々長めに1時間ほど激走。降りたあとでも走り足りない感じがヒシヒシと伝わってきましたが、終始笑顔だったのが印象的でした。

いよいよラストドライバーの野上達也クンが走り出します。実はここだけの話ですが、3rdドライバーの野上父の予定走行時間を越したのにも係わらずピットインのサインを「まだ出さなくても良いんじゃないっすか?」と自分の走行時間を少しでも短くしようと企んでいたのは野上父の息子である達也クン。結果的には野上父が予定以上に走行をしたので目的は達成したみたいですが(笑)

そんなラストドライバーの達也クンですが、終盤にはベストラップも更新し現役スーパー耐久ドライバーの面目躍如の活躍。残り4周で燃料警告灯が点灯したため、ペースダウンをしたものの、無事にフィニッシュラインを通過。

————————
・総合時間:2h32’38.366
・周回数:56 Lap
・平均速度:102.792Km/h
————————
・総合順位:5位
・クラス優勝
——————–

今回も無事に完走しクラス優勝を獲得することが出来ました。新型ロードスターでの参戦は初めてでしたが、ドライバー全員が笑顔で車から降りてきたのが、この車の特徴を如実に表していると思います。
この様に完全フルノーマルの状態でもサーキットでレースを楽しめるのがマツ耐(マツダファン・エンデュランス)です。次戦は筑波サーキットで2015年11月22日(日)に開催される関東ラウンドです。

皆様と一緒にレースを楽しむ事を心待ちにしています!

Let’s enjoy! 谷川達也

Photo by MZRacing

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ