MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

海外レース

  • 2016/06/01
  • OTHER(海外)

CTCC開幕戦、マツダ3アクセラが表彰台

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
5月21日(土)・22日(日)に中国南京の万馳国際サーキットで中国ツーリングカー選手権(CTCC)2016年シーズンの開幕戦が行われ、270名ものマツダ応援団が見守る中、プロダクションクラスに出場したマツダ3アクセラの鄧暁文が第一試合で3位に入り、表彰台に上がりました。

今シーズンのCTCCは、南京での開幕ラウンドを皮切りに、珠海、上海F1、韓国、広州、江蘇、上海天馬山を巡る全8戦がカレンダー登録されています。マツダ中国は、このシリーズにチャレンジしている北京鋭思レーシングチームに協賛し、プロダクションクラス(1.6リットルNA)に出場する2台のマツダ3アクセラと、スーパープロダクションクラス(1.6リットルTC)に出場するマツダ3アクセラとマツダ6アテンザをサポートしています。プロダクションクラスのマツダ3アクセラをドライブするのは、2015年の中国ラリー選手権チャンピオンの鄧暁文とルーキーの賀澤昱(16歳)で、 スーパープロダクションクラスは2.4リットルNAエンジンが通関トラブルで間に合わず、2台とも出走できませんでした。

予選は雨に祟られ、プロダクションクラスは通常の30分間予選が短縮されて、ワンラップのみのタイムアタックとなりました。しかし、実力派のマツダドライバーふたりは真価を発揮し、初出場ながらそれぞれ6位と7位のグリッドを得ることができました。第一試合は、鄧がスタートからプッシュし、次々と先行車をパス。3位で表彰台に上りました。7位スタートの賀は5位まで順位を上げたところで他車にヒットされて、エンジン不調となり23位フィニッシュとなりました。第二試合は、14位スタートの鄧が4位、賀が5位と大健闘。北京鋭思チームにとっては幸先良いスタートとなりました。

なお、マツダオーナーの応援観戦を募った結果、270名ものマツダ車オーナーがマツダ応援席を埋め、盛り上がりを見せました。サーキットを訪れたオーナーの中から15組を抽選で選び、レース後にピットに案内。ドライバー握手及びサイン会を体験していただきました。

次回第2ラウンドは、6月4日(土)・5日(日)に珠海サーキットで開催されます。

【参考リンク】
>>> CTCC開幕戦 マツダ3アクセラが表彰台
>>> CTCC第2戦珠海 マツダ3アクセラが7位完走
>>> CTCC第3戦上海 マツダ3アクセラが2つのクラスで7位完走

Photo by Mazda China

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ