MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

海外レース

  • 2015/08/24
  • OTHER(海外)

CTCC初参戦の記念すべき年に初表彰台を獲得

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
中国広州の広州国際サーキットにて、8月15日(土)・16日(日)に開催された2015中国ツーリングカー選手権(CTCC)の第5戦において、マツダ中国がサポートする北京鋭思チームからエントリーしたマツダ6アテンザが参戦初年度ながら、シリーズ半ばにして初の表彰台を獲得しました。これはCTCCシリーズではマツダ車として初のプライズです。

今回のレースにはスーパーカップに北京鋭思チームのマツダ6アテンザ、量産クラスには3台のマツダ3アクセラがエントリーしました。

スーパーカップのライバル車両のほとんどは、2リットルターボエンジン搭載車です。15日に行われる公式予選を前に、チーム本拠地のある北京でマツダ6アテンザは100キロにおよぶ大幅な軽量化と335馬力というエンジンのパワーアップが施されました。しかし不運にも、北京出発直前の最終テストの後、修復不能なエンジン故障が発生、276馬力のスペアエンジンを使用してのレース参戦となりました。しかし、チーム所有のサーキットで十分なテストを行ったので、そのほかの部分の信頼度は大きくアップしており、予選を無事通過しました。量産クラスに挑むマツダ3アクセラのうち、エースである孫正が搭乗するマシン(20号車)も80キロの軽量化を実施。15日午前の練習走行では1分35秒台のクラストップタイムをたたき出したが、予選直前に排気管の交換を行った結果、パワーが落ち19位/30台という悔しい結果となった。第4戦の韓国戦に参加した21号車はアップデートする時間的余裕がなかったため軽量化を施していないが22位/30台。また、チームの運営するレーシングスクールの所属生徒が個人エントリーした19号車も23位/30台と健闘しました。

16日の決勝、マツダ6アテンザはターボエンジンのライバル6台を相手に、スペアエンジンで決勝に臨みます。ライバル達との80馬力以上のパワー差を考え、安定した走行で完走を目指す戦略をとり、ドライバーの粘り強い走りで総合3位、クラブチームクラス優勝を果たし、マツダにCTCCシリーズにおける初の表彰台をもたらしました。マツダ3アクセラの挑む量産クラスでは、20号車が予選の遅れを取り戻そうと1周目からアグレッシブに走行した結果、第2コーナーで混戦に巻き込まれスピン、コースアウトし痛恨のリタイヤとなってしまいました。21号車は15日の予選後エンジントラブルが発生し、急遽スペアエンジンで決勝に臨むことになりました。しかし、テストの不十分なスペアエンジンでオイルの圧力が上がらず、第1ヒートは何とか完走したものの、第2ヒートは、エンジンを保護する為、2周でピットインしリタイヤしました。個人エントリーの19号車は20号・21号より低スペックのマシンながら、終始安定した走りをみせ、第1ヒート、第2ヒートともに18位で完走しました。

軽量化やパワーアップを施したものの、そのパフォーマンスをフルに発揮できない状態での参戦となった第5戦広州。しかし結果を見れば、マツダ6アテンザがCTCCシリーズ初の表彰台を獲得するなど、その性能の片鱗を感じさせてくれる戦いではありました。

次戦は9月27日(日)上海国際サーキットでの第6戦。マツダ6アテンザ、マツダ3アクセラとも、性能を出し切ってのさらなる好走に期待がかかります。

Photo by Mazda China

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ