MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

ニュース

  • 2018/02/15

第10回ノスタルジック2デイズ MZRacingブース出展

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone

今年で10回目を迎える旧車ファン待望のノスタルジック2デイズが2月17日-18日にパシフィコ横浜で開催されます。今回はマツダ株式会社も協賛する形で出展していますので、スタンドにはルーチェロータリークーペと初代ロードスターの展示をはじめ、ルーチェについては社内のレストアチームがそのプロジェクトについての秘話を、ロードスターについてはロードスターアンバサダーの山本修弘さんがいよいよスタートする初代ロードスターのレストアサービスについて語っていただくトークショーも開催されます。

他にもFC3SやFD3S RX-7をメインに稀少なコスモスポーツなどのロータリー車も多数展示されるようです。

 

イベントの詳細についてはNostalgic 2days 公式サイトにて確認ください。

 

MZRacingは、ノスタルジック2デイズには2016年から物販ブースを出展しています。来場される皆さんは会場に展示されている、懐かしのクルマ達を見るのをとても楽しみにされていると思いますし、その中にマツダ車があるとついつい見入ってしまうでしょうが、是非MZRacingブースにもお立ち寄りください。

 

今回はロータリー関連に特化したアイテムをドドーンと取り揃えました。目玉はトミーテック製の1/64 マツダ787Bモデルカーで、この2月に発売されたばかりの18号車です。一般的なトミカと同じ小型の1/64スケールながら、これまでの概念を打ち破った精密なディテールで前後のカウルが脱着可能な逸品です。カウル内にはサスペンションやラジエター、エンジン/ミッションなどもしっかりとレイアウトされています。

MZRacing特別仕様として、#18を購入された方には#18がデザインされた特製缶バッジをもれなくプレゼント。さらに、商品パッケージにも紹介されているレーシングロータリーエンジン開発の第一人者であり、元マツダスピード技術部長であった松浦國夫さんの直筆サイン入りを限定12個先行販売いたします。

同じく、既販中の同#55のモデルカーにもRX-7の開発主査であり、マツダモータースポーツ主査としてルマン優勝に大きく貢献された小早川隆治さんの直筆サイン入りを会場限定で12個のみ販売いたします。

価格は#18が8,200円(税込)、#55が8,600円(税込)となります。

ご興味のある方は是非MZRacingブースへお越しください。

*#18の松浦國夫さんサイン入り仕様はイベント当日までに間に合わない可能性がありますのでご了承ください。また、#55の小早川隆治さんサイン入りも含め販売開始はともに17日13時頃からを予定しています

 

他にアメリカのロータリーファンの祭典であるセブンストックを主催する13b1.comの新商品を含むロータリーグッズを多数用意しています。

 MZRacingブース内にて昨年12月に逝去された故 山本健一さんを偲ぶパネルを展示します。

 お越しの際はMZRacingブーススタッフに、「MZRacingのWebサイトを見ました」と言っていただければ、特製缶バッチを差し上げます。

缶バッジは数に限りがありますので、品切れの際はご容赦ください。

 

皆さんのお越しをお待ちしています。

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ