MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

ニュース

  • 2017/01/27

『マツダファン・エンデュランス(マツ耐)』2017 年度カレンダーを発表

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
街乗りのマツダ車で、ルマンのスピリッツを体感できる燃費耐久レース「マツダファン・エンデュランス(通称:マツ耐)」の2017年度のカレンダーが発表されました。

2017年度は、スポーツランドSUGO(宮城県)、筑波サーキット(茨城県)、袖ケ浦フォレスト・レースウェイ(千葉県)、岡山国際サーキット(岡山県)、また昨年は熊本地震の影響で中止となったオートポリス(大分県)、そして新たに富士スピードウェイ(静岡県)を加え、国内6サーキットを舞台に、計6戦を開催。

世界最高峰の自動車耐久レースであるルマン24時間レースで日本の自動車メーカーとして初めて、そして唯一の優勝を成し遂げたマツダ。マツ耐は、そのスピリッツが受け継がれ開発されるマツダ車のユーザーにこそ耐久レースの魅力を肌で感じてもらいたい、という考えのもと、2012年からスタートした参加型サーキットイベントです。

競技ルールはシンプルで、150分(2時間30分)という規定時間内にどれだけ多くサーキットを周回できるかを競います。ドライバーは1チームにつき1名から4名までが登録でき、登録ドライバーの人数に関わらずレース中に3回のピットインの義務が課せられています。ガソリン満タンでスタートし、途中の給油は一切禁止され、ガス欠でチェッカーを受けられない場合には順位認定がされないため、速さだけでなく燃費をコントロールしながら走るテクニックと連携が重要となります。

出場クラスは、ロードスターを始め、デミオ、アクセラなどの車種別に加え、改造の有無に応じて計34クラスに分かれ、街乗りのマツダ車ユーザーであればどなたでも参加できます。参加料金は1大会につき50,000円(税込、ドライバー・ピットクルー・サービスカー登録料は別途)です。

2017年度カレンダー (計:6戦 150分)
第1戦(東北ラウンド) 4月9日(日) スポーツランドSUGO
第2戦(九州ラウンド) 6月11日(日) オートポリス
第3戦(茨城ラウンド) 8月27日(日) 筑波サーキット
第5戦(東海ラウンド) 9月24日(日) 富士スピードウェイ
第5戦(千葉ラウンド) 10月22日(日) 袖ケ浦フォレスト・レースウェイ
第6戦(中国ラウンド) 12月2日(土)〜3日(日) 岡山国際サーキット

参加申込みや詳細はこちらをご覧ください。
■マツダファン・エンデュランス公式サイト
http://endurance.mazda-fan.com/

Photo by B-sports

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ