MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

ニュース

  • 2014/05/19

マツダ、「MX-5」でニュルブルクリンク24時間レースに出場

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
 マツダは、ロードスター誕生25周年を記念して、英国の「JOTA Sport(ジョタ・スポーツ)」と提携し、2014年6月21日~22日にドイツで開催されるニュルブルクリンク24時間レースに、「Mazda MX-5(日本名:マツダ ロードスター)」で出場することになりました。

 今回、車両の製作やレースの運営はJOTA Sportに委託し、ドライバーは、かつてルマン24時間レースでマツダワークスドライバーとして活躍し、耐久レースの戦い方を熟知しているステファン・ヨハンソンさん、ニュルブルクリンクのコースに造詣の深いヴォルフガング・カウフマンさん(ドイツ)、「MX-5」で英国内の様々なレースに参戦してきたジャーナリストのオーエン・ミルデンホールさん(英国)に加え、日本国内のロードスター・パーティレース・チャンピオンの加藤彰彬さんの4名で出場します。MX-5が属するクラス区分は、過給器なし2リットル以下の無改造プロダクションカー区分であるV3クラスとなります。

 「MX-5」は、「走る歓び」を訴求するマツダのクルマづくりを象徴する商品です。1989年の発売以来、累計生産台数は94万台を超え、「2人乗り小型オープンスポーツカー」累計生産台数世界一(90万台以上)として、ギネス世界記録に認定されています。多くのファンの方と「歓び」を分かち合うために、ライトウエイトスポーツとして、「人馬一体」の優れたダイナミック性能を最大限に発揮できるニュルブルクリンク24時間レースに挑戦します。

▼ 特集記事:Nurburgring ニュルブルクリンク24時間レース
http://mzracing.jp/feature/890

Photo by Mazda / MZRacing

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ