MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

ニュース

  • 2016/04/03

トリスタン・ヌネス、ホワイトハウス2度目の訪問

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
マツダ・プロトタイプのレーサーであるトリスタン・ヌネスが、毎年恒例となっている第138回ホワイトハウス・イースターエッグ・ロールのイベントに出席しました。今年のイベントは、子供たちの健康で活動的な生活を奨励するキャンペーン「Let’s Move – 体を動かそう -」がテーマとして掲げられていました。これは、ファーストレディであるミシェル・オバマが提唱しているものです。ヌネスはホワイトハウスの芝生の上に、マツダ・レーサーのユニフォームといえるレーシングスーツを着てあらわれました。

「僕がホワイトハウスに来たのは2度目です」、とヌネスは語りました。 「招かれて訪れることができたのはとても名誉なことです。なにしろ一生に一度の機会だと思っていたことが2回も起きたのですから、感激で言葉もありません。とても得がたい経験だと思います」。彼は16歳の時に“Dnt txt n drV Foundation”という、「ながら運転」防止をうたうキャンペーンを自らスタートさせており、それが記念すべき最初のホワイトハウス訪問の機会となっています。

「今回、ブルールームの中に入ることができました」と彼は言いました。「そして信じられないことに、ファーストレディに会い、彼女とハグしました。それは素晴らしい時間でした」。

イベントにはジェイ・Zとビヨンセ、そして二人の娘ブルーとアイビーや、トニー賞を受賞した歌手イディナ・メンゼル、さらに幅広いスポーツで活躍するプロ、アマ選手など、多くのセレブリティゲストが含まれていました。その中、モータースポーツ業界で招待されたのは彼だけでした。

「僕たちは、アクティブな運動を担当することになり、芝生の上で子供たちとたくさん遊びました。ホワイトハウスの敷地内で、多くの子供たちと密度の濃い遊びの時間を持てたことは良い経験でしたし、皆の笑顔を見られたのはとてもよかったですね。僕は、トレス・ウェイ(ワシントンNFLチーム)をはじめとしたNFLフットボール選手と同じグループとなりましたが、それもとても光栄なことでした」。

ヌネスは、カリフォルニア州ロングビーチで4月16日(土)から開催されるIMSAウェザーテック選手権レースに、マツダ・モータースポーツチームの一員として出場します。

【関連リンク】
>>> Dnt txt n drV Foundation
>>> トリスタン・ヌネス、ホワイトハウス2度目の訪問

【関連動画】
>>> Tristan Nunes’s social contribution Activities

Photo by Tristan Nunez

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ