MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

ニュース

  • 2015/12/15

マツダ、RX-VISIONとLM55ビジョン グランツーリスモを東京オートサロン2016に出展

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
マツダは、2016年1月15日(金)〜17日(日)に幕張メッセで開催される「東京オートサロン2016」に、ロータリースポーツコンセプトの「マツダRX-VISION」、バーチャルスポーツカーのフルスケールモデル「マツダLM55 ビジョングランツーリスモ」を出展するとアナウンスしました。
 
SKYACTIV-Rエンジン搭載とされるRX-VISIONは、2015年10月末から開催された第44回東京モーターショーにてワールドプレミアとなったコンセプトカーで、今回の展示が2度目となる予定です。また、マツダLM55 ビジョングランツーリスモは、プレイステーション3専用ソフト「グランツーリスモ6」向けのバーチャルスポーツカーで、そのフルスケールモデルである今回の展示物は、2015年6月に英国で開催された「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」、同12月6日に岡山国際サーキットで開催されたマツダファンの祭典「MAZDA FAN FESTA 2015 in OKAYAMA」に続く3度目の公開となります。

このほか出展車両には、カスタマイズモデルとして、マツダ ロードスターNR-A Racing Spec.(パーティレース仕様)、参考出品のカスタマイズモデルとして、マツダ デミオ 15MB Racing Spec.(ラリー仕様)がラインアップされており、これらはロールケージなどモータースポーツ用のパーツを装着しているものと思われます。くわえて、市販車に専用デザインのエアロパーツなどを装着した「マツダ CX-3」「マツダ ロードスター」「マツダ アテンザ」が展示予定です。さらに、2016年より世界の複数の地域で開催予定の「Global MX-5 Cup」レース仕様のロードスターも出展されます。

また、「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」を知ることができるコーナーが設置され、世界の自動車文化と絡めながら、マツダが世界各地で開催・支援している参加型モータースポーツなどを紹介。このほか、ミスター ル・マン寺田陽次郎さんによる「現役50周年を迎えこれからを語る」などのトークショーも予定されています。さらに、デザイナーによるプレゼンテーションをはじめと「グランツーリスモ6」上でコンセプトカー「マツダ LM55 ビジョン グランツーリスモ」のドライブを体験できるコーナーも設置される予定です。

マツダの出展テーマ「Be a driver.〜人とクルマの関係は、『走る歓び』でもっともっと深くなる〜」です。出展車両を眺めてみると、参考出品のカスタマイズモデルのエントリー名にはすべて「Racing」というフレーズがついていることから、オートサロンの会場でこのテーマを表現するにあたり、会場にモータースポーツの楽しみをイメージさせる世界を構築してくれるのかもしれません。年明けの東京オートサロンが楽しみになってきましたね。

■東京オートサロン2016 出展予定車両・展示物
コンセプトカー
 マツダ RX-VISION
 マツダ LM55 ビジョン グランツーリスモ
参考出品
 マツダ ロードスター(Global MX-5 Cup 仕様)
カスタマイズモデル
 マツダ ロードスターNR-A Racing Spec.(パーティレース仕様)
カスタマイズモデル・参考出品
 マツダ デミオ 15MB Racing Spec.(ラリー仕様)
 マツダ ロードスター RS Racing Concept 2016
 マツダ CX-3 Racing Concept 2016
 マツダ アテンザ Racing Concept 2016
バーチャルドライブ体験
 PlayStation®3(グランツーリスモ6)

■マツダ公式ホームページの東京オートサロン出展情報掲載サイト
www.mazda.co.jp/autosalon2016/

Photo by Mazda, MZRacing

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ