MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

ニュース

  • 2015/11/02

第44回東京モーターショー、マツダブースの展示をチェック

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
ミスタール・マン寺田陽次郎さんやマツダWIMSプロジェクトリーダーの井原慶子さんも訪れた第44回東京モーターショー・マツダブースの展示についてご紹介しましょう。なお、期間内に展示車両の変更がありますので、あらためておさらいしておきます。

そのブースレイアウトは、すでにお伝えしているとおり、ロータリースポーツコンセプトの「マツダRX-VISION」がステージ中央に配置されています。そして右そでには新型マツダロードスターの3台が並びます。(手動)運転補助装置付仕様車、ロールバーなどパーティレース向けのパーツを装備したNR-A、そして左ハンドルのグローバルMX-5カップ仕様車(輸出用の2Lエンジンベース)がそれです。このほか、コスモスポーツは後期L10B型が、RX-VISIONからは壁を隔てた左奥のスペースに置かれています。

展示されているロードスターのうちの1台、グローバルMX-5カップカーは昨年11月のSEMAショーにて発表されたもので、世界統一レギュレーションのもと同一仕様のMX-5で競う「マツダ・グローバルMX-5カップ」用のワンメイク車両です。今回はカップカーの開発で使用された、最終に近い試作車が展示されています。 SKYACTIV-G 2リッター4気筒DOHCエンジンを搭載、ロールケージなどレースに出られるコンプリートカーとして供給となる予定。アメリカにおいては既に受注が開始され、80台以上のオーダーが入っているようです。発表されたその価格は、53,000ドル(1ドル=120円換算で636万円)。国内での発売時期や価格は未定とのことです。加えてマツダレースウェイ・ラグナセカで、各地の勝者からグローバル・チャンピオンが決まるレースも行います。その勝者は前回アナウンスしたとおり、マツダレースカーの最高峰、SKYACTIVプロトタイプレースカーのワンデイテストに参加できる権利を得られるという魅力的なもの。マツダ・グローバルMX-5カップはコストパフォーマンスを抑え、本格的なカテゴリーのエントリーレースとして、参加しやすいプロジェクトとして進められています。引き続きそのアナウンスに注目ですね。

このほか見逃せないのが「マツダ越KOERU」。ブース前方左そでに置かれているマツダ越KOERUは、11月3日(火)までの展示ですので、前田育男デザイン本部長へのインタビューで「魂動デザインのSUVとしての集大成」といわれたスタイリングを一目見ておきたい方はお急ぎ下さい。このほかロードスター以外のスカイアクティブ・テクノロジー搭載車を主とした市販車もコンパクトのデミオ、4ドアセダン/5ドアスポーツ/ステーションワゴンのアクセラ/アテンザ、SUV/クロスオーバーのCX-3/CX-5などが展示されています。

東京モーターショー主催者(一般社団法人 日本自動車工業会)のテーマ事業であるスマートモビリティシティでは「もっと自由に… クルマが変わる、くらしが変わる、社会が変わる。」をテーマとした体験・展示ゾーン。マツダでは安全思想「MAZDA PROACTIVE SAFETY(マツダプロアクティブセーフティ)」にもとづいた技術などを展示しています。

■第44回東京モーターショーにおけるマツダの出品車両・技術一覧
マツダRX-VISION [世界初公開]
マツダ越KOERU [日本初公開](10月28日から11月3日までの展示)
マツダロードスター(グローバルMX-5カップ仕様車)
マツダロードスター NR-A(パーティレース向け用品装着車 10月29日以降の展 示)
マツダロードスター(手動運転装置付車 10月29日以降の展示))
コスモスポーツ(1967年発売)
市販車     マツダアテンザ(セダンおよびワゴン ワゴンは11月4日以降の展示)
マツダアクセラ(スポーツ)
マツダデミオ
マツダCX-5
マツダCX-3
マツダロードスター
マツダフレアワゴン(スロープ式車いす移動車 10月29日以降の展示)
技術展示    SKYACTIV-G 2.5ガソリンエンジン
SKYACTIV-D 2.2ディーゼルエンジン
SKYACTIV-D 1.5ディーゼルエンジン

■SMART MOBILITY CITY 2015:マツダ展示の概要
安全に関する考え方および技術についての展示を実施。さまざまな運転環境において、ドライバーの適切な認知・判断・操作をサポートし、安心・安全、そして走る歓びを提供する安全思想「MAZDA PROACTIVE SAFETY(マツダプロアクティブセーフティ)」にもとづいた技術、全方位センシングの考え方、人間中心設計のHMI(ヒューマンマシーンインターフェイス)などを紹介。

一般公開日は11月8日(日)まで。マツダブースは西ホール、マツダの展示もあるスマートモビリティシティは西4ホールおよび屋上展示場/会議棟での開催となります。

Photo by MZRacing, Mazda

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ