MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

ニュース

  • 2014/04/15

Be a driver. マツダ・ドライビング・アカデミー開催

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
4月12日(土)に静岡県小山町の富士スピードウェイにてマツダ協賛による「Be a driver.マツダ・ドライビング・アカデミー」(主催:富士スピードウェイ)が開催されました。

Mr.ルマンの愛称で知られる寺田陽次郎さんを講師に迎え、マツダ車オーナーの方を対象に開催されたこのアカデミー。サーキット走行の経験がない方のための「ベーシックコース」、経験者のための「アドバンスコース」の2クラスに分かれて、座学の運転講座と、特設コースやサーキットを走行するドライビングレッスンが行われました。

「ここにいる皆さんを、帰る時には別人に仕立て上げます。」という寺田さんの挨拶で始まり、アカデミーの総責任者であるマツダの松崎さんは、「マツダは走る歓びをコンセプトにしたクルマ作りをしています。クルマを買った後にこそ、皆様にそれを体験いただく機会を作りたかったのです。」とアカデミーに対する想いを言葉にしました。続いて、マツダのルマン優勝当時の開発メンバーのひとりである、現マツダスポーツカー開発主査 山本修弘さんによるマツダの「人馬一体」の歴史、哲学、技術の講座がありました。知られざるマツダの歴史など山本さんならではの内容に、皆さん真剣な眼差しで聞き入っていました。

寺田さんの講座では、ルマンや今までのレーサー人生のエピソードを交えながら、ドライビングポジションの重要性や、ドライビングテクニックを解説。寺田さんは「皆さんに安全に楽しく運転を楽しんでもらうため、僕の今まで培ってきたドライビングノウハウを伝えていく義務があると思っています。」と熱いメッセージを伝え、スラローム走行のプログラムに移りました。

ジムカーナ場に設置された特設スラロームコースの実技レッスンでは、まず正しいドライビングポジションをコーチングし、マイカーでの走行へ。数回走行した後、ひとりずつ寺田さんの助手席に乗り、プロのスラローム走行を体感。「全然違った」、「クルマとの一体感を理解できた」などの声が上がり、その後の走行では皆さん明らかに上達した走りを見せていました。この後、ついに先導車に従って走るサーキット体験走行へ。アドバンスコースでは、更にフリー走行が行われました。安全でスムーズな走行ライン、アクセルの正しい使い方などを体感され「今までと変わった気がする」と皆さん笑顔を見せていました。その他に、AXELA、ATENZAのマツダテストドライバー同乗による試乗会、全員での記念撮影、豪華賞品が多数用意されたプレゼントじゃんけん大会など充実した内容となりました。

「もらい事故をきっかけに、安全の為にもう一度ドライビング技術を学ぼうと思いました」、「ロードスターを買ってから、このクルマを大切にしたいという気持ちが強くなり、そのためには自分のドライビング技術を上げることが必要だと思い参加しました」など、参加のキッカケや想いは人それぞれ。終了後に感想を聞くと「参加してよかった」、「また来たい」、「もっと走りたくなった」と、皆さんから“走る歓び”が伝わってきました。次回のドライビングアカデミーは、6月14日(土)岡山で開催。詳細はまたお知らせいたします。

Photo by MZRacing

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ