MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

ニュース

  • 2015/08/14

2016 MX-5カップカー、MRLSペースカーとしてデビュー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
マツダモータースポーツは、恒例のカーイベントとして知られるロレックス・モンテレー・モータースポーツ・リユニオンで量産型2016マツダMX-5カップカー第一号を公開しました。この車両は、マツダレースウェイ・ラグナセカ(MRLS)の新しいペースカー、セーフティカーとして使用される予定です。

2016マツダMX-5カップカーレースは、26年間のMX-5ミアータによるモータースポーツの歴史に続くものです。MX-5レースカーは、現在アメリカで「バッテリーテンダーマツダMX-5カップ」として認知されているシリーズの2016年シーズン用指定車両として販売される予定です。2016年のレースシーズンまでの期間、MX-5カップカーをペースカーとして使い、モータースポーツファンの前に姿を見せながら、実戦投入される前にさらなるデータ収集を行います。

「マツダにとってこの週末は、過去、現在、未来をつなぐものとなるでしょう」とマツダUSAのモータースポーツ・ダイレクターのジョン・ドゥーナンは言います。「ここにある多数のビンテージ・レースカーとともに、私たちのモータースポーツ文化遺産を祝いたいと思います。レースを意識させるこのマシンをパドックに展示し、ペースカーとして走らせることで、2016年のグローバルMX-5カップが最新のND型MX-5ミアータによるレースになるという実感が湧いてくるはずです」

このグラフィックデザインは、カルフォルニア州アーバインのマツダデザインスタジオで作られたものです。

2015年のマツダレースウェイラグナセカでのレースシーズンは、9月11日〜13日に行われるマツダロードトゥインディおよびピレリワールドチャレンジ最終戦で終えることになっています。

Photo by Mazda USA

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ