MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

ニュース

  • 2015/02/20

「マツダ・ウイメン・イン・モータースポーツ2015」募集を開始

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
FIA ウイメン・イン・モータースポーツ委員であり、女性レーサーの第一人者の井原慶子さんとともに「モータースポーツ界における女性の活躍」を推進していくプロジェクト「マツダ・ウイメン・イン・モータースポーツ・プロジェクト2015」が、ついに始動します。4月からの開催に向け、プロジェクトへの参画を目指す女性の募集を開始しました。

本プロジェクトは、FIA(国際自動車連盟)及びJAF(日本自動車連盟)が提唱する「ウイメン・イン・モータースポーツの活動にマツダが賛同し、FIA ウイメン・イン・モータースポーツ委員会アジア代表委員の井原慶子さんと共に「モータースポーツ界における女性の活躍」を推進するものです。マツダは、訓練用車両や訓練場を提供し、特に優秀な方にはレースへの参加をサポートします。

応募条件は18歳以上の女性(国籍不問)で普通運転免許(限定なし)を保有し、モータースポーツに関心が高い方。モータースポーツの経験やライセンスをお持ちでない方も、応募可能です。ドライバーだけでなく、メカニックやエンジニア、マネジメント志望の方も応募できますが、実技訓練を受けていただくことになります。2015年4月より日本国内での活動を開始、秋までの訓練やレースへの参加で優秀な人材を育てていく予定となっていますで、モータースポーツやマツダ車が大好きな女性の方は、ぜひご応募ください。募集締め切りは3月15日23時59分までで、書類選考の上3月18日に結果をお知らせします。東京都内での面談を経て3月31日には選抜者を発表します。

井原慶子さんは、「ウイメン・イン・モータースポーツは、モータースポーツの未来のためにも、関連団体や自動車メーカーの協力を得ながら女性のさらなる参画を推進する活動です。今回は、マツダ様にご賛同いただくことになり非常に心強く感じると共に身の引き締まる思いです。私自身、最初に サーキットで運転したクルマはマツダ・ロードスターで、基礎をしっかり学んだおかげで世界最高峰レースにたどりつきました。次は、女性の活躍の場を広げ、新しい才能を発掘していきたいと思います。走る歓びを多くの皆さまに提供する活動に取り組んでおられるマツダ様の力をお借りして、充実したプログラムを実施していきたいと思います」と語っています。

■募集要項および応募申込:http://www.keikoihara.com/wim.html
■運営事務局:Twinkle Corporation http://www.twinkle-co.co.jp/

MZRacingはこのプロジェクトの各工程を取材し、随時情報をお届けしていきます。

Photo by MZRacing

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ