MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

ニュース

  • 2014/07/01

りんくう7DAYに、300台を超える歴代RX-7が集結

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
毎年、梅雨どきの開催となるため天候が心配される「りんくう7DAY」、今年は6月28日(土)に大阪市泉佐野市のりんくう公園・第2駐車場で開催されました。当日は雨雲の間からときおり日差しが顔を出すという不安定な天候ながら、300台を越える歴代RX-7が集結する大きなイベントとなりました。

会場周辺でゲートオープンを待つRX-7オーナー達はマナーを守り、近接駐車場で待機していましたが、AM10:00のオープンと同時に会場内は歴代RX-7で埋め尽くされました。スタッフに誘導されたRX-7が定位置に整然と並ぶ様は、まさに壮観の一言に尽きます。

ゲートオープンから僅か1時間足らずでりんくう公園・第2駐車場は満車状態となる盛況ぶりで、これには主催の中村屋代表・中村英孝さんも驚いていましたが、これだけの熱いRX-7ファンがこの「りんくうRX-7デイ」を楽しみにしていることに終始笑顔でした。また、ボランティアで誘導や運営のお手伝いをされているお揃いの黄色いシャツを着用したスタッフの皆さんも年に一度のこのイベントを楽しみにしている様で全員が笑顔だったのが、とっても印象的でした。

また、イベントでは主催の中村屋をはじめ協賛のR Magic、I-Feelin、MZRacingの4社が提供したレア&豪華賞品はビンゴ大会や各社の代表とのじゃんけん大会などでプレゼントされました。

さらに偶然?にも大阪に立ち寄ったドリキンこと土屋圭市さんをはじめ、毎年同イベントの司会進行役を担当されているラジオDJやナレーターなどで活躍中のターザン山下さんなどが会場をさらに盛り立てていました。
主催の中村英孝さんは「RX-7オーナーの皆さんの熱い思いから始めた“りんくう7DAY”は2014年からりんくう公園の公式イベントにもなりました。これからも皆さんから“りんくう7DAY”の開催を望む声があるかぎり続けていきたいです」と語っています。

Photo by りんくうRX-7デイ 実行委員会

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ