MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

日本国内レース

  • 2018/04/10
  • JRC

岡田デミオ15MB、デビューラリーはJN3クラス3位入賞

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
季節外れの寒波で、凍えるラリーとなった2018年全日本ラリー第2戦ツールド九州in唐津が、4月6日〜8日に開催され、デミオ15MBでJN3クラス(排気量1,500cc未満のFF車)にエントリーした岡田孝一/多比羅二三男組はクラス3位に入賞しました。

この通称唐津ラリーは、佐賀県唐津市の松浦河畔公園駐車場に設置されたサービスパークを中心に、唐津市郊外の山々を巡るオールターマック(舗装)ラリーです。SS(スペシャルステージ)は二日間合計で14箇所。低速なステージ構成ながら、ツイスティでハードなステアリングさばきが要求されます。怪我による21ヶ月のブランクを経て全日本ラリーに復帰した2015年JN3クラスチャンピオンの岡田さんは、DJ型デミオ15MBに乗ってサービスパークに現れました。今回は39台の参加車両中唯一のマツダ車でした。以下、岡田さん自身によるラリーレポートをご覧ください。

- – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - -

全国のマツダファン、そしてラリーファンの皆様、岡田孝一は帰って参りました。2016年7月北海道での骨盤や胸椎を9箇所骨折するクラッシュから1年9ヶ月、ファンの皆さまには大変ご心配をお掛けしましたが、やっと復活することが出来ました。まだまだくっついていない骨と相談しながらの参戦となりますが、全日本ラリー選手権2018は、第2戦唐津以降は全ラリーに参戦予定です。

さて、岡田孝一復帰第1戦は地元九州での参戦。まずは近場という事でリハビリを兼ねてのエントリー。九州なので骨盤にも暖かくて良いだろう。と思っていましたが、なんと雪。山は気温2度の吹雪でした。今回は最初からドライタイヤで行くと決めていたので、デイ1スタート前の天候情報を聞いて一瞬迷いましたが、男らしくドライタイヤでセクション1に向かいました。SS1「林の上」3.14kmはさほど雪の影響はなく2番手時計。続くSS2「羽金山」9.42kmはリアタイヤがバンバン飛び出す恐怖のステージで3番時計。あとでライバルに聞くと、彼はリアにはウエットタイヤを履いていたそうです。続くSS3ギャラリーステージの「見帰りの滝」1.47kmも影響なく2番手タイムでした。サービスパークに戻って、2ループ目はウェットタイヤで行こうと思いましたが、規定タイヤ本数を考えるとデイ2が厳しくなると判断。午後からの唐津地方は益々の冷え込みと吹雪でしたが、セクション2もそのままドライタイヤでサービスアウトしました。すると、やはり路面温度は冷え切っており、SS4「見帰りの滝」も恐る恐るドライブ、案の定ギャラリーの前で大ドリフトしてしまいました。ぶつけなくて良かったです。続くSS5、6、7、8はサスペンションセッティングを変更してみましたが、これが裏目に。今度は激しいアンダーステアで全くアクセルを踏めずストレスの溜まるリハビリラリーとなりました。このセクションでは、ライバルの2人はやっぱり前後輪共にウェットタイヤを履いていました。

デイ2はお天気も回復し、SS9からSS14まではドライ路面で気持ちよく攻めることができました。2番手タイムでデイポイント2位をゲットしました。ライバルの天野君(ヴィッツ)には全く歯が立たなかったですが、2年近くのブランクにしてはこのDJデミオ15MBは私をしっかり包んでくれて、容易にコントロールすることができました。初15MBでしたが前モデルのDEよりはトルク感があり、間違いなく速いと感じました。クロスミッションかもっと低いファイナルギアがあれば、かなり速くなると思います。

次戦第3戦丹後半島ラリーまでには、ドライバーの体力回復とセッティング改善でもっともっと速くしていくつもりです。皆さん、変わらずDJデミオ15MB、そして岡田孝一の応援をよろしくお願いします。

Text by T.Okada and MZRacing Photos by T. Narita、T. Nakajima、MZRacing

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ