MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

日本国内レース

  • 2017/10/31
  • OTHER(日本)

人馬一体チームの佐藤政宏がIPSジェントルマン2位入賞

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
2017年のインタープロトシリーズ(IPS)の第3ラウンドが10月28日と29日の週末に富士スピードウェイで行われ、「人馬一体ドライビングアカデミー」チームの55号車・佐藤政宏さんが28日のジェントルマンクラス第5戦で2位となり、今季開幕戦以来の表彰台をゲットしました。

 これまでも紹介してきたように、IPSは同じマシンをジェントルマンとプロの2名でシェアして、2日間で4レースを戦います。今年はマツダの社内テストドライバーの佐藤さんがジェントルマン、若手のホープ山下健太さんがプロというコンビで臨んでいますが、この週末は台風22号の接近で次第に大雨となり、29日に予定されていたジェントルマン第6戦と、プロの第5戦と第6戦の決勝3レースは中止となってしまいました。
 マツダ社内テストドライバーの中で頂点に立つ佐藤さんは、いわゆるトップガン。2年目の今年は、ジェントルマンクラスの中でも総合優勝を争う“エキスパート”部門での参戦です。実際に予選でも連続して2番手のタイムを出していますが、決勝での順位は開幕戦で2位になったあとは、7位、7位、5位という不本意な結果でした。しかも実はこの開幕戦の決勝は雨が激しくなったために、セーフティカー先導のまま終了した展開だったのです。

 さて、28日の8時45分から行われたジェントルマンクラスの予選は、時折り雨もポツポツという空模様でしたが、コースのレコードラインはまだドライのままという微妙なコンディション。佐藤さんは今ひとつ伸び悩んでタイムは1分52秒128、10台中の4番手で予選を終えました。その直後に行われたプロクラスの予選では山下さんが1分45秒677で激走。19号車の関口雄飛さんにわずか0.458秒及ばなかったものの、クラス2番手となっています。
 13時30分からのジェントルマンクラス第5戦の決勝を前に、各チームはタイヤとセッティングの選択に悩むことになりましたが、グリッドに並んだ時点では全車がスリックタイヤを装着。しかし、そこからローリングスタートに向けて走り出したところで、激しく雨が降り出します。予選トップの19号車・HAMANOさんと55号車・佐藤さんはそのままスタートを切ろうとしますが、多くのマシンはピットロードに入ってレインタイヤへ交換する作戦を選択。主催者はこのままでは危険と判断し、スタートのやり直しを決定します。
 全車がレインタイヤに交換し、再びグリッドで隊列を組んだ時点でコースは完全にフルウエット。15周の予定を13周に減らして、13時55分からのセーフティカー(SC)スタートに変更となりました。コンディションを慎重に見極めた上で、SCは3周目終了でピットイン。実質10周の雨中のバトルが開始されると、いきなり各所でスピンやコースアウトが続出します。

 4番手スタートの佐藤さんは、序盤はトップ集団に食らいついていましたが、視界不良もあって徐々に引き離されつつも、大きなミスは犯さずに自らのポジションをキープ。すると、5周目に前をいく3号車がスピンで順位を大きく落としたため、まずは表彰台圏内の3位に浮上します。さらに一時はトップに立った32号車が終盤、コースアウト時の接触で車両に不具合が発生。オレンジディスクを提示されてピットインしたため、佐藤さんは12周目に2位となり、そのままチェッカーを受けました。  佐藤さんはゴール直後、「タナボタですが、前回は下から見ていた場所に立てることは嬉しいです」とコメント。見守った山下さんは、「難しいコンディションでしたが、せめて1台は抜いて表彰台にと思っていました。次はドライでブッちぎってくれると確信しています」と嬉しそうでした。

IPS次戦は2017年の最終ラウンド。12月2日から3日にかけての週末に開催される第7戦と第8戦になります。

●インタープロトシリーズ
http://www.interproto.jp/

Photo and Text by T. Ishida +1

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ