MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

日本国内レース

  • 2017/07/27
  • OTHER(日本)

RE雨宮RX-7の松井、D1舞洲で準優勝

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
 7月21〜22日に、大阪府・舞洲の特設会場でD1GP第4戦が行われ、出場したマツダ車4台のうちTeam RE雨宮GruppeM RX-7に乗る松井有紀夫が決勝に進出し、準優勝となりました。

 #7 RE雨宮 RX-7松井は、加速力を武器に予選を1位通過して単走ファイナルは3番手となります。追走では決勝にまで勝ち上がり、一昨年まで同チームのドライバーだった末永(正)と対決することになりました。決勝でも松井は見事な走りを見せましたが、コーナリング速度の差で敗れ、準優勝に終わりました。「チームのみんなも末永さんのことをよく知っているし、もちろん雨サンもよく知っています。そのなかで、ホントは勝ちたかったですが、でも精いっぱい走ったんで、一歩前に進めたかな、と思います。次は負けません」と松井は語っています。

 一方、#88 TCP MAGICのRX-7に乗る藤中学は26位で、#21 SAMURAI KANTO TOYO TIRESのRX-7に乗る今村隆弘は34位で予選敗退となりました。藤中は「スポッターの指示通り、2本目は奥まで突っ込んでいけたんですけど、第4セクターで失敗してしまいました」、今村は「点火系のトラブルがあって、それでもドリフトしたのですが、ドライブシャフトが折れてしまいました」とのことでした。#77 EXEDY R Magic D1 Racingのロードスターに乗る岩井照宜は、追走トーナメントに進出しましたが、スピンをしてベスト16で敗退。「DOSS(計測器)のトラブルで単走決勝を(1本多い)3周走ったところから、タイヤを替えてないんですよ。それで途中からグリップが抜けて、スピンに……」とコメントしています。

D1GP次戦は、8月19日〜20日のエビスラウンドです。

Photos by N. Kaneko

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ