MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

日本国内レース

  • 2017/06/17
  • OTHER(日本)

マッド・マイク、歴史に残る大激戦の末、惜しくも敗退を喫す

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone

6月10~11日の2日間、福島県・エビスサーキット西コースでフォーミュラDジャパン第2戦が行われました。今年から同シリーズにフル参戦しているRX-7に乗るTeam Magic with Redbulのマッド・マイクは、昨年同コースで行われたフォーミュラDジャパンで優勝しているだけに注目が集まりました。マイクの駆るFD3S型RX-7のエンジンは4ローターペリフェラルポートのツインターボ仕様で1000馬力を誇るハイパワーマシンです。

10日に行われた予選は、マッド・マイクが出走する直前に強い雨が降りだし、かなり過酷な状況となりました。マシンはドライセッティングのままでスタートし、進入からアウトラインを果敢に攻める走りを見せましたが、ゼブラゾーンが改修されたばかりということもありスピンを喫しました。2本目は予選通過を第1とした走りに徹し、17位で通過しました。

翌11日の決勝トーナメントは快晴となり、ドライ路面での戦いとなりました。トップ32でRX-7に乗るPURISM with ORIGIN.LABO.PMU.ZESTINOの山元純次と対戦。審査員3名のポイントをすべて獲得し勝ち上がると、トップ16では2年連続リシーズチャンピオンのアンドリュー・グレイとの対戦となりました。

両者共に一歩も引かない華麗な追走で、ワンモアタイム(延長戦)に突入。その後もワンモアタイムを3回行い、計4回の走行をする後世に残る名勝負を演じました。しかし4回目の対決時、1本目のチェイサー(後追い)時にアンドリュー・グレイ選手のマシンをプッシュしてしまい、ポイントを奪われました。2本目のリード(先行)時は進入から豪快に攻める走りでギャラリーから多くの歓声が上がりましたが、1本目のポイント差を取り返すことが出来ず敗退。総合16位で終了となりました。フォーミュラDジャパン第3戦は7/28-29に富士スピードウェイを舞台に開催されます。マイクの活躍に期待しましょう。

Text:S.Takahashi Photo:N.Kaneko

 

マッド・マイクから直筆サイン入りのレースカードを3枚頂きました。

なんと「ARIGATO MZRACING」というメッセージ付です。

マッド・マイクのオリジナルTシャツやステッカーなども入手しましたので、MZRacingが出展するロータリー系のイベントに持って行きます。

マッド・マイクファンの方はMZRacingブースにてスタッフにマッド・マイクのグッズが欲しいとお声掛けください。

サイン入りレースカードが当たるかもしれません。

(マッド・マイクグッズは数に限りがありますので、無くなり次第終了となります)

 

出展予定ロータリー系イベント

・7月2日(日) 「Rotary Expo(ロータリーエキスポ)」
会場:静岡県富士宮市 ドライブインもちや
http://minkara.carview.co.jp/userid/2561812/blog/

・7月7日(金) 「MAZDA TUNING FESTA 2017」
会場:茨城県下妻市 筑波サーキット コース2000
http://www2u.biglobe.ne.jp/~circuit/MAZDA/

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ