MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

日本国内レース

  • 2014/05/26
  • OTHER(日本)

MFCT&マツ耐 今シーズン唯一の東北開催

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
5月17日(土)と18日(日)の2日間に渡り、宮城県にあるスポーツランドSUGOで「マツダファン・サーキットトライアル(MFCT)」と「マツダファン・エンデュランス(マツ耐)」が行われました。今シーズン、タイムアタック競技である「MFCT」が全国5サーキットで6戦、燃費耐久レースの「マツ耐」が全国4サーキットで4戦の開催を予定していますが、東北地方での開催は今大会が唯一となります。その舞台であるスポーツランドSUGOは、シーズンオフに路面改修が行われたことで、以前よりもグリップが格段に良くなったそうです。MFCTではラップタイムの向上への期待、マツ耐では燃費への影響を気にして、参加者は大会に臨みました。

まず土曜日はMFCTが行われ、全クラス合計で19台がエントリーしました。1本目の走行では、多くのドライバーが新しい路面のグリップを確認するかのようにペースを抑え気味に走行する中、能勢健一朗さん(RX-8 LIGHT)が1’43.086の好タイムをいきなりマーク。さすがは各地のサーキットでレコード記録を所持するだけあり、新コースにもすぐに適応し、自身の持つ昨年のレコードタイムを3秒も上回りました。2本目は、能勢さんを除く全員がベストラップを刻み、こちらも各地のレコードを塗り替えているエイトリアンさん(RX-8 MORE)が1’37.256の総合でもトップタイムで優勝しました。エイトリアンさんは1分36秒台を目標にしていたそうですが、それでもナンバー付き車両としては十分過ぎる結果と言えるでしょう。今大会の結果、ジャパンツアーシリーズ賞のトップは、総合2位の能勢さん、総合4位の五十嵐俊之さん(ロードスターMORE)が25ポイントで並びました。
また、前日の練習走行でコースアウトし車両にダメージを負っていた平田朋也さん(デミオ&ベリーサ・クラシックMORE)は、地元のマツダディーラーの応急処置と、応援に来ていた家族の支えもあり、本番では見事な走りでクラス優勝を果たしました。オートマチック車で参加を続けている大和基宏さん(アテンザ・クラシックLIGHT)は、今大会はクラス優勝とAT賞のW受賞となりました。

翌日はマツ耐の予選と決勝が行われました。通常の大会よりも長い30分間で行われた予選では、各チームとも燃費の確認や、初めてSUGOを走行するドライバーの練習時間に割き、トップタイムを獲得した『TCC W石川ロードスター』の石川/佐藤組でも1’47.917と様子見のタイムでした。決勝レースは恒例のローリング形式で、『TCC W石川ロードスター』を先頭に12台が隊列を組んでスタート。マツ耐のルールは、2時間30分のレース時間を無給油で走行し、チェッカーを受けた時の周回数を競うため、燃費を気にして序盤は落ち着いた展開になりがちです。しかし、スタートと同時に、3番手スタートの『TCCロードスター、ダッ!』の泉/小松組が一気に加速し、トップを奪取。そのままレース序盤からリードを広げていきました。
2番手以降のチームは、トップとの差をある程度までに保たなければならないため、当初の作戦を変更せざるを得ず、意表を突かれた形になりました。最後まで『TCCロードスター、ダッ!』は一度もトップを譲ることなく、78周でトップチェッカーを受けました。『TCC W石川ロードスター』は同一周回数に迫るも2位(クラス優勝)、続いて77周で『YRCのすっこロードスター』の大熊/越後/新妻組が3位(クラス優勝)となりました。開催時期は若干異なりますが、昨年の同サーキットでの優勝チームの周回数が75周でしたので、走行方法により路面グリップ向上を燃費改善に活かすことができることを証明しました。なお、『TCCロードスター、ダッ!』の小松寛子さんは、マツ耐で総合優勝した初の女性ドライバーになりました。小松さんはロードスター・パーティレースⅡにも参戦中で、先日の開幕戦でも入賞する活躍を見せています。

また、ドライバー登録が1名のみのチームの最上位を対象にした「鉄人賞」は『しろくまエンドレスRX-8』の宗村徹也さんが獲得。ドライバーおよびピットクルーの合計登録人数が6 名以上のチームの内、総合で最も上位に入ったチームを対象にした「団結賞」は『AZN・NBロードスター』の関係者全員に授与されました。今年のニュル24時間レースにマツダチームで参戦が決まった加藤彰彬さんも、今大会にはゲストドライバーで出場し、表彰式でのスピーチでは、マツ耐もニュルもレースに取り組む姿勢は同じであり、国内のモータースポーツが世界にも通じていると語られました。

次戦のMFCTは6月14日(日)に岡山国際サーキット(岡山県)、マツ耐は11月23日(日)に筑波サーキット(茨城県)に舞台を移します。特にMFCTは岡山、大分(オートポリス)と西日本での開催が続きますので、まだ今シーズン参戦していない西日本の参加者の活躍も期待されます。

マツダファン・エンデュランス(マツ耐)公式サイト
http://endurance.mazda-fan.com/

マツダファン・サーキットトライアル(MFCT)公式サイト
http://circuittrial.mazda-fan.com/

Photo by B-Sports & MZRacing

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ