MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

日本国内レース

  • 2016/06/28
  • OTHER(日本)

REロードスターの岩井D1GP単走初優勝

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
6月24〜26日の3日間、茨城県・筑波サーキットでD1GP第3戦と第4戦が行われました。マツダ勢は、RX-7に乗る#7 Team RE雨宮GruppeM松井有紀夫と#77 EXEDY R Magic D1 Racing三木竜二、そしてロータリー搭載のロードスターに乗る#51 H.D.O & HID信玄の岩井照宜の3名が、いずれも予選から出走しました。

第3戦は、#7松井が残念ながら予選敗退。いっぽう、#77三木と#51岩井は予選と単走決勝の結果、追走トーナメントに進出したものの、いきなりマツダ勢同士での対戦となってしまいました。結局#77三木の先行時の失速で#51岩井が勝ち上がりましたが、そのときの接触で足まわりにダメージが残り、#51岩井もベスト8敗退となりました。三木は「ヘアピンで角度をつけていったら、エンジンストールしちゃいました。回転の落ちに備えてかまえるのが後れたのが原因です」と語っています。#77三木は総合15位、#51岩井は総合5位でした。

翌第4戦は、残念ながら#7 RE雨宮RX-7の松井、#77 R-Magic RX-7の三木の2名がともに単走予選敗退。松井は「1本目は小さいラインで走っちゃって、2本目はそれを加味して入ってきたら、ちょっと流され気味になってしまいました」とコメントしています。雨が上がり乾きかけの難しい路面でした。

一方、REロードスターの#51岩井はスピードがありアクセル全開度の高いドリフトで第4戦を単走優勝。ロードスターの単走優勝はD1 GP史上初です。岩井は、「単走優勝は、ほんとにしたかったですけど、こんなに早く実現するとは思わなかったですね(笑)」と話しています。なお#51岩井は追走ではシフトミスをしてしまい、ベスト16で敗退しました。#51岩井の総合順位は9位でした。

岩井さん、単走初優勝おめでとうございます。今後も岩井さんとロータリーエンジン搭載NAロードスターの活躍に注目したいと思います。

【参考リンク】
>>> D1GP Rd.1 ODAIBA REロードスターがD1GP初の予選突破
>>> D1GP Rd.2 FUJI RE雨宮の松井、移籍後初のD1追走進出
>>> D1GP Rd.3/4 TSUKUBA REロードスターの岩井D1単走初優勝
>>> D1GP Rd.5/6 EBISU D1エビス、RE雨宮の松井が追走と単走で連日の活躍

Photo by N. Kaneko

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ