MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

日本国内レース

  • 2016/04/26
  • OTHER(日本)

RE雨宮の松井、移籍後初のD1追走進出

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
4月22(金)日、23日(土)の2日間、静岡県・富士スピードウェイでD1GP第2戦が行われました。出走したマツダ勢は、FD RX-7に乗る#7 Team RE雨宮GruppeM松井有紀夫と#77 EXEDY R Magic D1 Racing三木竜二、そしてロータリー搭載のロードスターに乗る#51 H.D.O & HID信玄の岩井照宜の3名。いずれも予選からの参加となります。

#51ロードスターの岩井は、練習走行中に4速ギヤが入らなくなってしまい、単走予選本番までに修理することができずそのまま走行。スピードをのせられずに単走予選25位で敗退。#77 RX-7三木も、1本目はコース外走行で減点、2本目は300Rで振り出せず28位で敗退となってしまいました。岩井は「車速がのらないのはわかっていたのに、タイヤをいつもどおり使ってしまった」、三木は「進入のアンダーに悩まされて、それを解消できずに終わってしまいました」とコメントしています。

一方、今季RE雨宮レーシングに移籍してきた#7 RX-7松井は、良いスピードで300Rを抜けて11位で単走予選を通過、土曜日の単走決勝もスムーズな走りで13位に入り、追走トーナメント進出を決めます。追走トーナメントではベスト16でシルビアに乗る#97寺町と対戦。後追いとなった追走1本目のストレートで後れをとり、リズムを崩してアドバンテージをとられ、さらに続く追走2本目の先行時にも寺町に寄せられてアドバンテージをとられてしまい、敗退となりました。最終順位は13位です。松井は「スタートのときにクラッチ操作をミスしてしまいました」とコメントしています。

今回は振るわなかったマツダRE車勢でしたが、今後また見せ場を作ってくれるはずです。期待して朗報を待ちましょう。

【参考リンク】
>>> D1GP Rd.1 ODAIBA REロードスターがD1GP初の予選突破
>>> D1GP Rd.2 FUJI RE雨宮の松井、移籍後初のD1追走進出
>>> D1GP Rd.3/4 TSUKUBA REロードスターの岩井D1単走初優勝
>>> D1GP Rd.5/6 EBISU D1エビス、RE雨宮の松井が追走と単走で連日の活躍

Photo by N. Kaneko

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ