MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

日本国内レース

  • 2015/04/25
  • OTHER(日本)

デミオSKYACTIV-Dが富士チャンピオンレースにデビュー!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
2015年の富士チャンピオンレースシリーズの開幕戦が4月18~19日に開催されました。今回出場した全世代のロードスターと新旧デミオの合計は46台と、今年も、もっとも多くのマツダ車で賑わうレースイベントとなりそうです。開幕戦で一番のトピックは、ナンバー付きで争うデミオレースにSKYACTIV-Dのディーゼルターボエンジンを搭載した新型デミオのエントリーでした。

注目の♯55「DO-ENGオクヤマデミオ」をドライブするのは、今回のマツダ車では唯一の女性ドライバーの町田亜矢。ワンメイクのヴィッツレースではシリーズチャンピオンに輝き、スーパー耐久や86/BRZレースにも参戦したキャリアをもつ実力者です。ただし今回は事前の練習走行が2回だけで、本番で使うブレーキもレース前日に届いたばかりとのことで、準備不足は否めません。

それでも町田は予選で7台中の3番手を獲得。決勝の序盤では優勝した♯75の西山 隆、2位の♯34常磐岳史の背後を脅かす走りを見せました。中盤以降はその上位2台からは少し離されつつも3位でフィニッシュ。その町田にデミオ初レースの印象を聞くと、「2速までの加速は強力。セッティングを詰めて、次は優勝争いをしたいです」と、かなりの手応えを感じている様子でした。

優勝した西山は「新型のディーゼルターボはトルクがありそうで、侮れません。今年は楽しいレースになりそうです」とバトルを大歓迎。2位の常磐も「やっと西山さんに追い付いたら、背後に亜矢さんがという状態ですが、次こそは優勝を狙います」と前向きにコメント。デミオレースは昨年前半までの西山ひとり旅状態から、今年は戦国モードに突入した気配。非常に楽しみな展開になりました。

4月19日の日曜日は先ほどのデミオをはじめ、ナンバー付きのロードスターカップ全シリーズの予選と決勝が行われました。第1レースは、ロードスターカップNA/NBの混走レースです。NA6クラスは#23山川 穣と#7茂木文明が抜きつ抜かれつとなりましたが、終盤に山川のエンジンにトラブルが発生。茂木が昨年の第2戦以来の優勝を飾り、3位には♯5入江 直が入りました。またNB8クラスは#11戸田裕一が優勝、2位に♯91神谷 誠、3位に♯78赤石沢清人が入賞。NA8クラスで、ポールを奪ったの♯88山田健介。総合でもトップの2分6秒811をマークしました。しかし、決勝ではクラス2位でフィニッシュしています。結局NA8クラスは山形、山田、小原の順でゴールしました。

日曜日の第2レースはデミオなどと混走で、NCロードスターのオープン/チャレンジの両クラスも行われました。改造範囲の広いオープンクラスは一昨年のチャンピオン♯64芝本 淳と、昨年はお休みしていた♯8菊池 聡が予選から激戦を展開。決勝でも一時は菊池が先行するも、最後は芝本がトップチェッカー。3位には♯16横山 護が入りました。改造範囲が限定されたチャレンジクラスでは、♯18らんまんが念願の初優勝。2位に♯70内海利明、3位に♯22中桐孝治と、出場した3選手全員がポディウムに登りました。

富士チャンピオンレースシリーズの第2戦は5月16~17日の週末に予定されていますが、ロードスターカップのNC両クラスやデミオレースなどは第3戦以降となる予定です。お目当てのレースがいつ開催されるかは、ホームページなどをご参照ください。世界でも屈指のスケールを誇り、世界遺産の絶景を望むこのサーキットに、ぜひ皆さんも一度足をお運びください。

●富士チャンピオンレース
http://www.fsw.tv/1ch/1_5original/index.html

Photo and Text by T. Ishida +1

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ