MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

日本国内レース

  • 2015/03/18
  • RPR

チームTERRAMOS梅田、デビュー戦でポール・トゥ・ウィン

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
3月15日(日)に富士スピードウェイ開催のENDLESSサーキットミーティング 2015において、ロードスター・パーティレースII特別戦が開催されました。

今回のエントリーは、NC1が5台、NC2が6台、そしてNB3台の計14台が参加しました。この特別戦での注目は、ミスタールマンこと寺田陽次郎さん率いるチームTERRAMOSから、育成ドライバーとしてパーティレースへデビューする梅田剛さんです。予選前のドライバーズミーティングにおいて紹介され、他の参加者からも暖かく迎え入れられました。10時45分、路面ドライ、気温5℃と少々寒い中、30分間の予選が開始されました。各車次々にコースへと向かい、タイムアタックを開始しました。予選開始の3ラップ目には、早くも、2’10”台を梅田さんが記録し、それに続くのはNC1の石井鋼一さんが2’11”台で、この2台のポールポジション争いになりました。これに続くのが森山晃正さんと坪井さんで、2’12”0までタイムを切り詰めるが、11”台の壁が厚い様子でした。
予選開始後15分を少し過ぎた時点で、2番手の石井さんがピットイン。タイヤのエア圧調整を行い、クールダウンと伴に最後のタイムアタックの機会を狙います。暫定トップの梅田さんも同様にピットインして、寺田さんのアドバイスとエア圧を調整して、最後アタックに備えます。そして、終了5分前にこの2台は次々にフィールへと向かいました。結果、梅田さんは、2’09”73へとタイムを更新。パーティレースのコースレコードを塗り替えてポールポジションを奪取しました。2番手石井さんはタイム更新ならず2位、3位は森山さんでした。
決勝レースは、6ラップの周回数で競われました。デビュー戦でPPを奪取した梅田さんは、チーム監督の寺田さんよりスタディング・スタートのアドバイスを受け、スターティンググリッドへと向かいます。決勝のシグナルの消灯後、トップで1コーナーに飛び込んだのはポールシッターの梅田さんで、石井さんは混雑の中で順位を下げてしまいます。その後、トップの梅田さんは、安定した走りで徐々に後続を引き離し、1ラップの終了時には、2位の坪井さんに1”97ものリードを築いていました。2ラップ目以降も、梅田さんは2位以下より約1秒速いペースを保ち、総合トップでゴールを駆け抜けました。3台の2位争いから終盤で抜け出した坪井さんが2位で、3位はNC1の森山さんとなりました。
レース後の梅田さんは喜びを抑えきれない表情でした。しかし、テストでのデータを解析し各周回での区間ベストを繋いでいくと、2’06”台で走れる計算になるので、まだまだ安定したドライビングを心がけないといけません、と謙虚に語ってくれました。次回、シリーズ公式戦開幕戦のSUGOでの見どころが、ひとつ増えそうです。

寺田さんは、「今回は初参戦でしたが、梅田もなかなか冷静なレース運びが出来たと思います。次回も基本に忠実に丁寧なレースを行いたいと思って居ります。ご支援頂きました皆様に感謝いたします」とコメントしています。

Photo by B-Sports、T. Ishida、Terramos

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ