MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

日本国内レース

  • 2014/10/30
  • S-Tai

復活のNOPROデミオ、ST-5クラス4位フィニッシュ
スーパー耐久第5戦鈴鹿

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
10月24日・25日に鈴鹿サーキットでスーパー耐久第5戦が開催され、前回の岡山ラウンドで大クラッシュを喫したNOPROデミオは完全修復され、ST5クラスの4位でフィニッシュ。ST4クラスのTCRロードスターが11位、村上モータース・ロードスターは12位で完走しました。

今回のレースはFIAツーリングカー世界選手権(WTCC)と併催のため、STXからST3クラス迄をグループ1、ST4とST5をグループ2とし、140分のレース時間とタイヤ交換2回必須で行われる特殊フォーマットにて開催されました。そのため予選は行われず、ポイントランキング順のスターティンググリッドとなり、グループ2のロードスターとデミオは土曜日の決勝となりました。

シリーズランキング2位の「DIXCELアラゴスタ・NOPROデミオ」(野上敏彦/谷川達也/野上達也組)は、今季最上位の2位からのスタート。スタートドライバーは前戦のアクシデントから復活した谷川が担当。ローリングスタートからホールショットを決めて第1コーナーをトップで通過しました。しかし、ストレートスピードに勝るフィット勢にヘアピン以降の高速区間で順位を譲り、4位で1周目を消化。昨年のコースレコードを上回るタイムを出しながらもそれを上まわるフィット勢に苦戦し、5位でスティントをこなして交代。次にドライブした野上達也も、50分間を手堅く走りピットインしました。タイヤ交換とガスチャージを最短時間で済ませ、再度谷川に交代して6位でコースに戻ると力走を再開します。全車のピット作業が終わった時点で4位へポジションアップし、終盤はタイヤの磨耗と戦いながらも無事にゴールしました。ポイントランキングは僅差で4位に転落してしまいましたが、最終戦オートポリスにシリーズ上位争いへの望みを残しました。

総勢19台が走る大混戦のST4クラス9位スタートの#54「TCRロードスター」(加藤彰彬/近藤翼/小林大作組)、同12位の#88「村上モータース・ロードスター」(村上博幸/脇谷猛/TOMISAN組)は、村上が序盤に順位を上げS2000、アバルトと熱いバトルを見せるもパワステのトラブルに見舞われてピットインの際にタイムロス。後半は、11位争いをTCRロードスター加藤と村上ロードスターTOMISANのロードスター同士で繰り広げ、順位を入れ替えながら最終的にTCRロードスターが11位フィニッシュとなりました。

Photo by S.Hattori and K.Matsunaga

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ