MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

日本国内レース

  • 2014/07/29
  • OTHER(日本)

R Magic RX-7で2年目の松井、D1自己最高の3位入賞

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
7月26、27日の2日間、大分県日田市のオートポリスでD1GPの第3戦が行われ、#77 EXEDY R Magic D1 Racingの松井有紀夫が強豪RE雨宮を破って3位に入賞しました。

26日に行われた単走予選では、3ローターRX-7の#88 APP with YOKOHAMAの藤中学、2ローターRX-7の#77 EXEDY R Magic D1 Racingの松井有紀夫ともに予選を通過。単走予選をシードされた3ローターRX-7の#7 Team RE雨宮 SUNOCOの末永正雄とあわせて単走決勝に進出しましたが、いずれも上位入賞はならず、翌日の追走は予選からの出走となりました。翌日の追走予選では、まず前ラウンドの勝者である#5高山健司と対戦し、後追い時に「攻めていったんだけど、振り返しが少し早すぎた」という#88藤中がスピンをして敗退となってしまいました。また#7末永(正)と#77松井が対戦。「コースの攻略と運転がかみ合わなかった」という末永(正)が、アウト側でラインがきつくなって姿勢が乱れ、松井に敗れることに。これで勢いに乗った#77松井は、ベスト16では#6内海彰乃を、ベスト8では#28藤尾勉に勝ってベスト4に進出しました。

 準決勝で#77松井はランキング首位の#92高橋邦明と対戦しましたが、1本目の後追い時にアドバンテージはとれず、2本目に高橋にドリフトを合わせられて敗れてしまいました。3位決定戦にまわった#77松井は、#60今村陽一と対戦。互角の展開で再戦にもちこむと、最後は後追いから見事な接近ドリフトを決めて勝ちました。3位に入った松井は「もうクルマと自分のマッチングはだいぶ仕上がってきているんで、乗っていて楽しいです」とコメント。これからの活躍も期待できそうです。R Magic大原さん、おめでとうございます。

Photo by N. Kaneko & R Magic (Mr. Y. Ohara)

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ