MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

海外レース

  • 2017/08/22
  • OTHER(海外)

MX-5カップカー、ゾルダー24時間レースでクラス2位入賞

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
8月19日・20日にベルギー北部のゾルダーサーキットで行われた2017年ゾルダー24時間レースにマツダベルギーからマツダMX-5カップカー1台がエントリーし、クラス2位(43台中総合28位)に入賞し、ジャーナリストで構成されたドライバー5名が表彰台に上がりました。

マツダMX-5が戦ったクラス7Cは6台が属し、MX-5以外は全てBMWでその内2台はBMW M3でした。公式予選では、MX-5はパワーで勝るBMW M3に10秒以上の差をつけられクラス5位となっています。MX-5のドライバーは、クサビエ・ダフ、ハンス・ディエクス、ステファン・ルメレ、マキシム・パスツール、アントニオ・フェルマッチョの5名で、全員がモータージャーナリスト。それぞれレース経験のあるメンバーで、中でもルメレは本年のルマン24時間レースにも出場した経験をもっています。MX-5カップカーは、マツダUSAモータースポーツが開発したGLOBAL MX-5カップ出場車と同じアメリカ仕様のMX-5で、ロールケージやサスペンションはカップカーと同一仕様となっていますが、昨年のゾルダー24時間レースに出場した結果から、安全のためブレーキだけは耐久レース仕様に変更されています。

標準仕様のためエンジン出力が小さいMX-5は、雨を望んでいました。パワーのあるマシンとの差が縮まるからです。土曜日の16時にレースがスタートすると、幸いなことに雨が降り出しました。そんなコンディションの中、スタートドライバーのルメレはスリックタイヤのまま周回を続け、総合37位から23位までポジションを挽回します。クラスポジションも5位から3位に上げることができました。しかし、午前零時の少し前、シケインへのアプローチで突然フロントサスペンションが壊れ、タイヤ・ホイールが外れてしまうアクシデントが発生。牽引されてピットまで戻り、左フロントサスペンションの修復作業を行いましたが、これで約1時間半をロスします。チームのメカニック達による懸命の作業により、あたかもスウォッチ腕時計のように部品交換はスムーズに完了。MX-5は再びコースに戻って行きました。そうこうする間に上位を走行していたBMWが後退し、マツダベルギーのMX-5に表彰台の可能性が高まってきました。

朝方には、チームのエースであるルメレがクラス2位を走るマシンに迫り、午後には彼はダブルスティントで2位奪取をめざして猛追します。そして、その差が4周にまで迫ると、ルメレは予選タイムよりも速い1分52秒173のベストラップを記録。ついに逆転に成功し、MX-5はクラス2位でフィニッシュしました。総合順位は28位で、逆転した3位のBMWには18周差をつけていました。

なお、総合トップから3位までをノーマM20 FCプロトタイプが占めました。クラス7Cは、1位 BMW E90(650周)、2位 ND型マツダMX-5カップカー(613周)、3位 BMW 120 D(595周)の順となりました。

Photo by Mazda Belux

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ