MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

海外レース

  • 2016/06/22
  • OTHER(海外)

CTCC第3戦上海、マツダ3アクセラが2つのクラスで7位完走

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
6月17日(金)〜19日(日)に中国ツーリングカー選手権(CTCC)第3戦が上海天馬山サーキットで開催され、北京鋭思レーシングチームはプロダクションクラスに2台のマツダ3アクセラをエントリー。スーパープロダクションクラスには、マツダ6アテンザのほか、新エンジンの到着を待っていたマツダ3アクセラを今季初投入し、合計4台での出場となりました。

プロダクションクラスの予選は、鄧暁文のマツダ3アクセラ22号車が10位、賀澤昱の23号車は15位と健闘。スーパープロダクションクラスは、載せ替えたばかりのエンジンの調子を探りながらのトライとなった孫正のマツダ3アクセラ11号車が11位で通過、梁欣栄のマツダ6アテンザ12号車は土曜日の練習走行中にトラブルが発生して本戦出場はキャンセルとなりました。2ヒート制となっている決勝レースは、安全規定の変更により前戦から40kgの重量増となっているプロダクションクラスのマツダ3アクセラは苦戦が予想されました。また、コース幅が狭い上海天馬山サーキットは抜きどころが少ないことでも知られています。21台出走の中、第1ヒートは22号車が10位を死守して完走、15番グリッドからスタートの23号車は安定した走りでポジションアップし13位でゴールしました。第2ヒートは人気投票により22号車が15番グリッド、23号車が12番グリッドからのスタート、600名近いマツダオーナー応援席の声援をうけて22号車が12位、 23号車が9位でフィニッシュ。23号車は2戦続けてトップ10入りを果たしました。スーパープロダクションクラスの決勝は、第1ヒートではマツダ3アクセラ11号車が粘り強い走りで7位完走し、第2ヒートはトラブルによりリタイアとなりました。

第4ラウンドは7月9日(土)〜10日(日)に韓国国際サーキットで開催されます。

【参考リンク】
>>> CTCC開幕戦 マツダ3アクセラが表彰台
>>> CTCC第2戦珠海 マツダ3アクセラが7位完走
>>> CTCC第3戦上海 マツダ3アクセラが2つのクラスで7位完走

Photo by Mazda China

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ