MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

海外レース

  • 2015/10/02
  • OTHER(海外)

CTCC第6戦、マツダ6アテンザとマツダ3アクセラは全車完走!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
9月26日(土)・27日(日)に上海国際サーキットにて開催された2015中国ツーリングカー選手権(CTCC)第6戦において、マツダ中国がサポートする北京鋭思チームからエントリーしたマツダ6アテンザ、マツダ3アクセラの3台全車が完走しました。

スーパカップに出場したマツダ6アテンザは、前週に335PSにパワーアップしたエンジンを搭載し、ホームグラウンドである北京鋭思サーキットでテスト。万全の体制でレースに挑みます。予選では2リッターターボを搭載するライバル・上海VWのポロに引けをとらない2分01秒台というタイムを出し、12台のエントリーの中、5位となりました。

マツダ3アクセラも車両をアップデートし予選に挑みました。2台ともドライバーの自己ベストを更新するタイムを記録しましたが、コーナーの少ない上海F1コースレイアウトに苦戦。重量のハンデキャップが顕著となり、20号車は30台中20位、21号車が29位という結果となりました。

決勝では、マツダ6アテンザは持ち前のコーナリングスピードをうまく活用し、前方を走る4位のポロと激しい攻防戦を展開。しかし中盤の6ラップ目で、周回遅れの車両にブロックされてフロントをヒット。その後ドライバーの粘り強い走りで最後まで走り切り、5位を死守。CTCCスーパカップクラスにおける全戦完走記録を更新しました。

マツダ3アクセラが出場したプロダクションクラスの決勝レースは、2ヒート制。1ヒート終了後に1位から12位の順序を入れ替え、2ヒートをスタートさせる方式です。第1ヒートで20号車は20位からスタートしたものの、15位まで順位を上げます。その後の第2ヒートでは更に6台を抜き、結果9位でゴールしました。21号車は第1ヒートで23位、第2ヒートでもさらに順位を上げて19位でゴール。このほかプライベートエントリーのマツダ3アクセラ19号車も参戦しており、第1ヒートで23位、第2ヒート15位という成績をおさめています。

今回のレースは、レースウィーク中に技術的なトラブルが全くない、安定したレース運びとなり、参戦した全車が完走。今後のレースでの表彰台への期待も募ります。

次戦となる第7戦は10月24(土)・25日(日)、上海市から北西約300kmの江蘇塩城サーキットで開催されます。

Photo by Mazda China

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ