MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

特集

  • 2018/04/16

小俣洋平の全日本ジムカーナ選手権参戦記 2018 Rd2

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone

花粉症が治まってきたと思ったらまたぶり返している、花粉やセット変更にとっても敏感な男小俣洋平です。

 

開幕戦筑波から中3週で第2戦広島のタマダラウンドが行われました。今年の全日本ジムカーナは全10戦に増えたので開幕早々なかなかの過密スケジュールです。

 

このタマダラウンドの特徴はいくつかあります。

特徴その①:地元広島ディーラーの広島マツダさんを始めとした大会スポンサーさんの出店ブースなどが充実している。

特徴その②:主催者(スポーツランドタマダのタマダ社長?)及びオフィシャルの熱意、やる気が至る所に感じる。

特徴その③:お客さんが多い

特徴その④:走ると楽しいタマダ

 

なんて印象だったんですが、特徴その②に関連するコース設定について。今年のコース「コース設定者さん、ちょっと張り切り過ぎじゃないのー!?」なんて言いたくなるくらいの”ドギツイ”テクニカルセクションが3個設けられました。土曜日の完熟歩行からドライバー同士顔を合わせて「・・・」「???」「どーしちゃったのこれ・・・?」なんて具合のキツメの規制、狭い間隔、上り下りや縁石などの路面変化豊富な場所での設定となっていました。そしてテクニカルセクション以外にも、いたる所に触りそうというか触っちゃいそうな”いやらしぃーい”設定でした。

 

まあそんなタマダだったのですが、先ずは事前準備から遡って行きたいと思います。昨年走ったタマダのデータから、いつもの浅間台で事前にシュミレーションテストを行いました。昨年は夏でハードコンパウンドのDUNLOP03GM5コンパウンドを前後に装着していたのが今年はソフトコンパウンドのS5を使う事が予想されました。またファイナルギヤも悩ましいポイントで

【加速重視の4.7】

連続する低速コーナーは2速ホールドで走れるけど外周のハイスピードコーナーで2速だとアクセルコントロールがシビアで3速だとカッタルイ、併せて色んな所で微妙に2速が届かずギアチェンジが忙しい

【2速が伸びる4.4】

外周と4.7だと3速にシフトアップする所は長い2速がピッタンコ♪。しかしながら、低速コーナーで2速でもたついてローだと踏めない・・・で、ローの長いNSXに引き離される可能性アリ・・・

名阪スポーツランドも同様の理由で悩ましいのですが、結局低速コーナー重視の4.7を選択し足回りのセットアップも筑波1000から回答性重視のセットを入念に確認してタマダに臨みました。

 

そして本番ウィークの金曜練習会の第1ヒート、ルーティーンでコース中央部のスタート位置で待機していると前走のライバルのNSX西森選手が僕の前をもの凄い勢いで通過して行きました。まあもの凄い勢いなのはいつもの事っちゃいつもの事なんですが、それにしても「オー、スゲー勢い・・・」なんて思ってたら、そのままコースオフ。結局バンパーの破損のみで大事には至りませんでしたが、その後僕も含めコースアウトや、スポンジバリヤと接触などと、あまりアクシデントが起こらないジムカーナですが今回は色々とありました。まあでもこういうデンジャラスな所もスポーツの魅力だと思いますし僕はこういうコース大好きです♡。ハミデましたけど・・・。

 

さて肝心の内容ですが持ち込んだセット+S5コンパウンドの組み合わせが好感触で先ずは一安心。最終の第4ヒートに外周セクションを3速で試そうとしたら、オーバースピードでコースアウト・・・。結局、車にダメージもなくてまた一安心。まあ色々あった一日でしたが、好感触のトップタイムで終了しました。

 

そして土曜日、冒頭に書いた”ドギツイ”テクニカルセクションが登場です。なかなかに走りごたえがあるコースをそれなりに纏めてトップタイムを出すものの両ヒート共パイロンペナルティーです。そして決勝の日曜日、”ドギツイ”テクニカルセクションがさらに”ドギツイ”方向へと成長していますが、それ以外は土曜日と変更無し。第1ヒートトップタイムを出すもののまたもパイロンペナルティー、第2ヒートはノーペナルティーで走り切り、例の”ドギツク”成長したテクニカルセクションの罠に嵌ったもののベストタイムで勝つことが出来ました。

「ふー、一安心・・・」

 

表彰式では、優勝者のみ歩けるレッドカーペットならぬレッドスロープや優勝者の名前入りの木を植える記念植栽といったイキな計らいもあり思い出に残るイベントとなりました。

http://www.sl-tamada.com/zennihon/tophp2018.html

 

次戦第3戦は4月22日に福島県エビスサーキット西コース、過去NSXにチギラれている苦手ラウンド、そしてタマダで見つかった課題の対策など前半戦最大の勝負どころです。

 

※今年から始めている参戦動画レポート、小俣洋平【ジムカーナ】チャンネルの方もご視聴及びチャンネル登録、宜しくお願いいたしますm(__)m

https://www.youtube.com/channel/UCcyz1ix11cyjSu3zaed03Jg/featured

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ