MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

特集

  • 2014/06/22
  • N24

マツダMX-5は、クラッシュしてリタイヤ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
[現地午前3時 最終レポート]マツダMX-5は、クラッシュしてリタイヤ
サスペンションとボディワークのリペアののち、午前1時に加藤がコースインしましたが、その約1時間30分後のアデナウ手前でガードレールに衝突して停止。再始動不能な状態となってしまいました。それでもレッカー車に乗せられてパドックに戻ってきましたが、ダメージを受けたフロントの損傷は大きく、チームはリタイヤを決めました。

ドライブしていた加藤は、「コースから外れたとたんガードレールにあたり、回転してフロントからぶつかってしまいました。6速から減速しましたが衝撃は大きく、身体中痛いですが骨折などの怪我はありません。応援していただいた皆さんには大変申し訳ありませんでした」と語っています。

皆さん、これにて今年のニュルブルクリンク特集は終了します。ご声援ありがとうございました。





[経過レポート]MX-5、タフな時間を切り抜けてサバイブ
今年のニュルブルクリンク24時間レース決勝は好天に恵まれ、多数の観客の前でスタート前進行が開始されました。マツダMX-5は、前日の整備でエンジンに不具合が発見されたため、メカニック達は夜遅くまでかかってエンジン交換を終えました。そのため、決勝当日の朝行われたウォームアップ走行には間に合わず、車検委員の再チェックを受けたのちスターティンググリッドに並べることが許可されました。

レースをスタートしたのはステファン・ヨハンソン。序盤に無線に向かって、「誰かにリアをヒットされた。ステアリングがおかしいが走り続ける」と叫んでいました。1時間半後ピットに戻ってくると、左リアホイールにダメージが見られましたが、そのままドライバー交代だけしてレースに戻ります。引き継いだ加藤も、途中他車から接触されましたが、またしてもそのまま走り続けました。ミルデンホールのスティントを経てカウフマンがMX-5をドライブ中、GT3車両に激しく突っ込まれ、リアサスペンションとボディの一部を壊して走行不能となってしまいます。約2時間かけてリペアし、チームは再びコースにマシンを戻しました。

▼ 特集:Nurburgring
http://mzracing.jp/feature/890

Photo by MZRacig

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ