MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

アメリカンレース

  • 2018/01/29
  • IMSA

マツダチーム・ヨースト、苦しみながらIMSAシーズンをスタート

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権開幕戦のデイトナ24時間レースは、曇天ながら暖かく穏やかなそよ風が吹く中、1月27日(土)午後2時40分にローリングラップが始まり、戦いの火蓋が切って落とされました。

予選9位でグリッドに並んだ55号車マツダRT24-Pは、ローリングラップ開始時にシフトアクチュエーターが作動せず、ピットレーンに取り残されてしまいました。しかし、その後ギアシフトすることができて、スタートドライバーのジョナサン・ボマリートはフォーメーション1周目の隊列に追いつき、その後9番手の位置まで戻すことができました。そして、グリーンフラッグが振り下ろされ、24時間の長旅が始まります。55号車のボマリートは、すぐに7位にポジションアップ。そして、予選不出走のため19番グリッドスタートだった77号車マツダRT24-Pは、オリバー・ジャービスがステアリングを握り、グリーンフラッグとともに追い上げを開始しました。1時間後には55号車と77号車の関係は逆転し、55号車が13位、77号車が11位となります。しかし、その後、相次いでトラブルが両車を苦しめ始めます。55号車はフロント左タイヤが外れて、タイムロス。幸いになことに大きなダメージはなく、再スタートするものの18位へと後退します。77号車にはタイヤバーストがありました。今回のデイトナ24時間は、DPi車のラップタイムが拮抗しており、パフォーマンス調整が効いている一方、このタイヤトラブルは各車にも発生しています。ニッサンDPiやキャディラックDPi 10号車もそれぞれタイヤバーストに見舞われ、カウルを壊すなどのダメージも受けているとのことです。

その後は、クラス16位、18位をキープしながらマツダRT24-Pは周回を重ねましたが、徐々に他のトラブルが次々と2台に襲い掛かります。クラッチトラブルが発生し、タイムロスしました。また、両車ともに車体にバイブレーションが発生。それがやがて、じわじわと電気系統などへ影響を広げて行きました。インタークーラーにクラックが入るトラブルも経験しました。これらは相当テストを重ね、走り込みを重ねていてもこれまでに起きていないトラブルです。 そして、長い夜が明け、レーススタートから17時間が経過した時点で、55号車のリア部から突然出火。コースサイドでオフィシャルによって消し止められ、ドライバーのジョナサン・ボマリートは無事脱出することができました。原因はエキゾーストからの熱によってボディに引火したようです。悪いことは連続するようで、18時間目を目前にし77号車もピットに入って来ました。運転していたトリスタン・ヌネスによると、電気系統が不調のようでした。このエレクトリカルトラブルは相次ぎ、パワーステアリングなどのデバイスが正常に機能しなくなっていました。チームは修理を試みましたが、再発時のリスクを考慮し、のちにリタイヤを決断しました。両車ともエンジンやサスペンションなどの機能そのものは快調だったので、とても残念です。昨年のデイトナ24時間レースでデビューしたマツダRT24-Pは2年続けて2台共リタイヤの憂き目に遭ってしまいました。

今年からチームに加入したオリバー・ジャービス(英国)はレースを振り返り、「大変タフなレースでした。僕たちのクルマは確かにスピードを手に入れましたが、残念ながら信頼性が完璧ではありませんでした。改善するため実施しなければならないことは多数あると思いますが、このチームならやってきれると思います。しかし、去年のマシンから3〜4秒もラップタイムが速くなるなんて、驚きです。チームは、大きなステップを登ったと思います。セブリング12時間には2013年にアウディの一員として出場し、優勝しています。是非マツダDPiのパフォーマンスを100%発揮して、また優勝を手に入れたいですね」と語ってくれました。

マツダUSAのジョン・ドゥーナンは、「今年のデイトナは期待通りの結果が出せないばかりか、これまでにないようなあらゆる種類のトラブルが発生しました。2013年以降このデイトナで思う存分レースを戦えていなかったので、新体制となった今年はなんとかしたいと思っていました。ヨーストチームとの提携は本当に誇らしいことです。しかしながら、ここデイトナで9日間、セブリングで3日間、ヨーロッパで2日間テストを行っていたにも関わらずトラブルは発生しました。起きたトラブルは、駆動系からエレクトリカル、タイヤと様々でしたが、55号車は出火してしまい、レース続行ができなくなってしまいました。77号車のエレクトリカルトラブルについては、安全面を考慮してリタイヤを決めました。一方ポジティプな要素もたくさんありました。マシンは明らかに速くなり、私たちが築いたペースはトップレベルのものでした。シリーズのこの先には、様々なタイプのレーストラックでの戦いに挑みます。去年7月に新体制について発表した時、私はマツダファンのために「勝利」、「ポディウム」、「チャンピオン」を取ると宣言しました。今日のトラブルを乗り越えて、約束を果たせるよう力を尽くしたいと思います」と語っています。

【動画レポート】 “Daytona 24 Hours 2018″ MZRacing Channel 06’04″ [Jan 31 2018]

Text and Photos by MZRacing

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ