MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

アメリカンレース

  • 2017/06/05
  • IMSA

IMSAベルアイルでマツダRT24-P 70号車が3位表彰台

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
 マツダモータースポーツUSAチームは、6月3日(土)にデトロイト郊外のベルアイル市街地コースで行われたIMSAウェザーテックスポーツカー選手権に出場し、マツダRT24-P 70号車(ジョエル・ミラー/トム・ロング組)が3位表彰台を獲得しました。これによって、マツダUSAは市街地コース3戦連続でトップ3フィニッシュしたことになります。姉妹車の55号車(ジョナサン・ボマリート/トリスタン・ヌネス組)も5位に入賞しています。

 55号車(ボマリート)は5番グリッド、70号車(ロング)は7番グリッドからレースをスタート。14箇所のターンがあるストリートコースでの100分レース序盤にそれぞれ4位、5位にポジションアップし、さらにレースリーダーと同等のペースで続きました。レースがあと1時間を切った頃、フルコースイエローコーションとなり、2台は共にピットへ。それぞれドライバーチェンジを行い、この時70号車が55号車をパスして4位に、55号車は5位となります。リスタート時に70号車のミラーが猛烈なダッシュを見せました。ターン1のタイトコーナーをアウトサイドからオバーテイクに挑み、2位と3位のマシンの前にねじ込むことに成功。その後の燃料補給で3位となり、そのままレースをフィニッシュしました。
 ミラーは、「トムが良いポジションでタッチしてくれたので、それ以降の流れが変わりました。ピットアウト時点で4位に上がれ、リスタートの時には10号車をキャッチすることができました。その後5号車がブレーキングで行く手をブロックしていたので、アウトサイドから回り込むことに成功しました。しかし、その辺りから燃費が気がかりとなり、プッシュしてレースリーダーに追いつきたかったのですが、ピットからは抑えろとの指示があり、さらにはピットインするように連絡がありました。とは言え、70号車のクルー全員にとっても長く待ち望んだポディウムだったので喜びはひとしおです。しかし今は、勝利を手に入れたいと思っています」と語っています。

 さらに勇猛果敢なファイトを見せたのは55号車のヌネスでした。トラフィックがひしめく中に7位で飛び込んでいき、残り20分時点で彼の直前のマシン2台が絡むことに。その内の1台、85号車がスピンオフします。この隙にヌネスは6位に上がり、さらにもう1台が回転する間に5位につきます。また、チームスポッターのダニエル・トレンブレイについても触れておくべきでしょう。彼のアドバイスでヌネスは複合クラッシュを避けることができたからです。ヌネスは5位でレースをフィニッシュしました。
 ヌネスは、多重クラッシュを避けられたことについて、「本当に助かった。僕自身も混乱しました。ターン1で数台が絡んでいました。少し離れたところで見ていたのですが、まさか85号車が飛び出してくるとは・・。彼がブレーキオフしたとたん、僕の方に向かってきたのです。とっさに右に避けられましたが、クルマのセットアップがうまくいっていたからできたのかも。とにかくビデオで確認してみたいです」。と語りました。また、「コース上の混雑は半端ではなく、ドア同士があたりそうなくらいでした。でもレースは楽しく、良いファイトができたと思います。また、70号車の初ポディウムはすごかったですね。ジョエルの信じられないような2台抜きは僕の位置から見てもスカッとするものでした」と話していました。

Photos by Mazda USA

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ