MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

アメリカンレース

  • 2017/01/28
  • USCC

第55回デイトナ24時間レース、スタートを待つばかり

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
1月26日(木)からIMSAウェザーテック選手権デイトナ24時間レースの公式スケジュールがスタート。この日設けられたプラクティスセッション、公式予選、ナイトプラクティスでは合計55台の最新鋭マシンが元気良くコースインしていきました。

今年からIMSAウェザーテック選手権のルールが変更され、これまでのデイトナプロタトイプにわかって、新しいデイトナプロトタイプインターナショナル(DPi)規定によるマシンが投入されました。このルールに従って新たに開発されたのは、マツダUSAがマルティマティック社/ライリー社と提携して作り上げたマツダRT24-Pをはじめ、ダラーラシャシーを使う地元キャディラックDPi、リジェ/ONROAKレーシングシャシーに日産V8エンジンを搭載したニッサンDPi、そしてマルティマティック/ライリー社製シャシーに英国のギブソンエンジンを搭載したヴィジットフロリダDPiなど。これにWEC世界耐久選手権にも出場できるLMP2シャシー(オレカ、リジェなど)+統一仕様のギブソンV8を搭載したマシンを加え、今年のデイトナは11台の「プロトタイプ」が勢ぞろいしました。このほか、昨年のルマンを制したフォードGT、エンジンをミッドシップ搭載したポルシェ911、BMW M6やフェラーリなどのLMGTEマシン、FIA GT3が走れるデイトナGT(GTD)クラスには、注目のレクサスGT3、アキュラNSX GT3などが顔を揃えました。

3週間前に行われたデイトナ公式テストデーでは、いきなり速さを見せ周囲を驚かせたマツダRT24-Pでしたが、一転してこの日のプラクティスではおとなし目の発進となりました。セッションを通じて55号車、70号車は9番手・10番手を走行。公式テストデーのタイムより2秒程度抑えられたラップタイムで周回しました。午後4時25分から15分間行われた公式予選でもジョナサン・ボマリートが駆る55号車は9位、ジョエル・ミラーの70号車は10位でした。ナイトセッションもピットインを繰り返しながらセットアップを確認し、タイムアタックする様子は見せませんでした。さらに、金曜日の午前中にセットされた最終プラクティスでは、ドライバーチェンジの練習を繰り返しただけで、2台のマツダプロトタイプは早々にガレージに引き上げていきました。

24時間レースに向けた準備について、チームを統括するマツダUSAのモータースポーツ担当ダイレクターのジョン・ドゥーナンは、「テストデーではこのクルマのポテンシャルを確認するため、パフォーマンス重視のセットアップで臨み、期待以上の性能が出ていることがわかりました。しかし、今回は、24時間レースを走りきることが目的です。予選結果により数メートル先にレースをスタートすることよりも、24時間を安定したラップタイムで走ることに主眼を置いているため、非常に保守的なセッティングを施しています。2台のマシンには何もトラブルはなく、準備は順調に進んでいます。明日28日14時30分にスタートしたのち、私たちのマシンがいかに戦うかを是非ご覧いただきたいと思います」と語っています。ドライバーチェンジの練習を繰り返したのは、新規定でコクピットがひとまわり小さくなり、ドライバースペースも狭くなっているので、スムーズにドライバー交代することが大事だから、と説明しています。

デイトナ24時間レースはFOX TVなどでライブ中継放映される予定ですが、今年は日本のJスポーツでも実況中継番組が放映されます。日本時間29日午前中にはデイトナの経験が豊富な寺田陽次郎さんがゲストとして出演します。マツダRT24-Pの活躍にご期待ください。

Photo by MZRacing

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ