MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

アメリカンレース

  • 2016/08/07
  • USCC

IMSAロードアメリカ予選でマツダプロトタイプが今季3度目ポール

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
8月6日(土)にウィスコンシン州ロードアメリカで行われたIMSAウェザーテック選手権予選にて、ジョナサン・ボマリート駆る#55マツダプロトタイプがチームにとって今季3度目となるポールポジションを獲得。ボマリートは、15分間の予選セッションの終盤にコースレコードを塗り替えるタイムを絞り出し、前戦カナディアンタイヤモータースポーツパークに続いて連続ポールシッターとなりました。

一方、マツダモータースポーツの僚友マシンである#70は、トム・ロングがタイムアタックを担当しましたが、アタックラップにセッションが一時赤旗中断となったため理想的なコンディションを逃し、予選4位となりました。#55が今季これまでに獲得したポールポジションは、2回ともトリスタン・ヌネスによるもので、今回はボマリートにとってIMSAトップカテゴリーにおける初ポールとなりました。7日の決勝レースは2時間40分のセミ耐久レースとなり、#55はボマリートとトリスタンのふたりが、#70はロングとジョエル・ミラーの2名がドライブします。

ポールを獲得したジョナサン・ボマリートは、「ファンタスティックな1日でした。とはいえ、冷静に構えなければなりません。明日のレースを勝ち抜く自信はありますが、僕らドライバーはこれまでやってきたことをキチンとこなすだけです。チームは今週のレースウィークもずっとピットワークとレース戦略の検討を繰り返しています。明日のレースが待ち遠しいです」と語っています。また、「このコースは僕らのクルマにピッタリで、トリスタンはプラクティスで素晴らしい走りを見せてくれました。今回、彼が僕にクォリファイのチャンスを譲ってくれましたが、明日のレースでは彼が担当する後半でもきっと活躍するでしょうね」と続けました。

このコースがホームトラックだというマツダUSAのモータースポーツ担当ダイレクター、ジョン・ドゥーナンに関し、ボマリートは「誰もが明日のレースに期待していますが、とりわけジョンにとっては特別でしょう。ホームタウンが近いため、彼の家族、妹さんや一族の方々が応援に来ています。マツダUSAとチームに関わるすべての人々がこのプログラムには多大な努力を払っていますが、明日こそが、報われるべき日なのです。(明日勝てたなら)涙が溢れるに違いない、と僕は思います」と話しました。

Photo by Mazda USA

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ