MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

アメリカンレース

  • 2016/07/11
  • USCC

マツダプロトタイプ、IMSAカナディアンタイヤMSP戦も5位入賞

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
IMSAウェザーテック選手権第7戦が7月10日にカナディアンタイヤモータースポーツパーク(CTMSP)にて開催され、マツダプロトタイプは#70(トム・ロング/ジョエル・ミラー組)が3番グリッドからスタートして5位に入賞。これによりマツダ・モータースポーツは、5戦続けてトップ5フィニッシュを果たしました。前日の予選でトップタイムを記録した#55(トリスタン・ヌネス/ジョナサン・ボマリート組)は、今回もルマン優勝25周年記念リバリーでこのレースに臨みましたが、レース半ばでメカニカルトラブルが発生。リタイヤとなりました。

#55のトリスタンは、今季2度目のポールポジションからレースをスタート。オープニングラップに一時2位にポジションを落としますが、レースリーダーを追いかけ、周回遅れのトラフィックを利用して12周目に首位の座を奪還。その後は2位との差をグングンと広げ、32周目にピットインするまでに16秒ものマージンを築きました。しかし、ピットでフロントの車載エアジャッキが作動せず、タイヤ交換に手間取ってしまいます。クルー達は人力で車体を持ち上げてタイヤを交換し、ボマリートにドライバー交代するとピットアウトしましたが、それまでのマージンを使い果たしてしまいます。ボマリートもファステストラップを記録するなど奮闘しましたが、60周目に右リアのハブにトラブルが発生し、リタイヤを喫することとなりました。

20周にわたってレースをリードしたトリスタンは、「スタートは惑わされて失敗してしました。でも、その後は頑張りましたよ。クルマはいつもどおり完全だったし、リードしていた#10を抜くチャンスはすぐにやってきました。バックマーカーが目の前に現れた時、僕は”今だっ”、と思いました。#10はGTカーの処理に手間取っていましたが、僕は訳なく#10も抜くことができました。この栄光のカラーリングを纏ったマシンがトップに立つ瞬間を、皆さんに楽しんでいただけたでしょうか」と語っています。

一方、ボマリートは、「トリスタンは素晴らしい仕事をしてくれましたね。エアジャッキのトラブルでロスしたこともありましたが、ピットアウトしてすぐに何かリアに違和感があるのを感じました。バランスを欠いていると言ったら良いでしょうか、それまでのハンドリングとは明らかに違っていたんです。その後は残念なことになってしまいました。その問題がありながらも、クルマは非常に速くファステストラップが出せるほどでした。今回、勝てる要素は十分にあったと確信しています。なので、クルーやエンジニアだけでなく、ファンの皆さんにも大変申し訳ないと感じています」とコメントしました。

#70のトム・ロングは、「クルマはとても調子良かったと言えます。レースでもよいペースを築けていましたが、少しだけ何かが足らなかったと思います。僕らのマシンは、特にハイスピードコーナーで適正なグリップが得られていませんでした。なので、今はほろ苦い気分です。しかし、まだ今シーズンは3レース残されており、僕らにも十分チャンスがあるので、楽しみにしています」と語り、ジョエル・ミラーは、「僕のスティントは終始5位のままで推移しました。とてもスピードの速いメリーゴーラウンドのようなこのコースで、トラフィックの流れの中でロスしたりそれを取り戻したりはしましたが、ポジションを上げることはできませんでした。僕は、イエローコーションがあれば一気に巻き返しできると考えていましたが、最終ラップまでにそのチャンスはやってきませんでした」と話していました。

【関連リンク】
IMSAデイトナ24時間レース2016
>>> ROLEXデイトナ24時間レースまであと3日
>>> マツダ・プロトタイプ、土砂降りの予選を通過
>>> 2台のマツダ・プロトタイプ、朝日を見ずに戦列を去る

IMSAセブリング12時間レース2016
>>> 井原慶子、マツダプロトタイプでIMSAセブリング12時間に出場
>>> 新「マツダMZR-2.0T」エンジンの活躍に期待
>>> デイ1 プラクティスセッションがスタート
>>> デイ2 マツダ・プロトタイプは、過去最高の予選5位と7位
>>> デイ3 マツダ・プロトタイプは2台揃ってトップ10フィニッシュ

IMSAロングビーチ・グランプリ2016
>>> マツダ・プロトタイプ、ロングビーチで4位、5位入賞

IMSAモントレー・グランプリ2016
>>> フロントロウスタートのマツダ・プロトタイプ、ポディウムにあと一歩

IMSAベルアイル・グランプリ2016
>>> マツダプロトタイプ、IMSAウェザーテック選手権で初表彰台

IMSAワトキンスグレン6時間レース2016
>>> マツダプロトタイプ、特別なリバリーでワトキンスグレン6時間レースに出場
>>> マツダプロトタイプは、予選2位と5位
>>> マツダプロトタイプ、ワトキンスグレンでは悔しい5位

IMSAカナディアンTMSP 2016
>>> IMSAカナディアンTMSP予選でマツダプロトタイプはPPと3位
>>> マツダプロトタイプ、IMSAカナディアンタイヤMSP戦も5位入賞

【関連動画】
>>> DAYTONA 24 HOURS 2016
>>> Watkins Glen 6 Hours 2016

Photo by Mazda USA

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ