MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

アメリカンレース

  • 2016/07/10
  • USCC

IMSAカナディアンTMSP予選でマツダプロトタイプはPPと3位

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
カナダ・ボウマンヴィルにて、7月9日にIMSAウェザーテック選手権カナディアンタイヤモータースポーツパーク戦の公式予選が行われ、1991年ルマン24時間レース総合優勝25周年記念リバリーを纏った#55マツダプロトタイプのトリスタン・ヌネスがポールポジションを獲得。僚友の#70を駆るトム・ロングも同3位で予選を通過しました。

「いつも口にしている言葉ですが、まさに”飽くなき挑戦”なのです」と、ポールシッターとなったトリスタンは語っています。「このプロトタイププログラムが始まってから、このテーマを心に刻んできました。今回はそれを示すことができたと思います。5月のマツダレースウェイ・ラグナセカ戦でもポールを獲りましたが、レースでは多くを学ぶことになる結果でした。だから今回もP1からスタートしますが、明日のレースは勝つことに集中しないといけませんし、2台ともポディウムフィニッシュで終えたいです。エンジニアとクルー達がマシンは完璧にしてくれています。ワークショップでピットワークシミュレーションを嫌という程繰り返しています。また、このトラックは体力的にもハードなので、僕たちドライバーも十分に体を鍛えておりフィットネスも万全です。明日はそれらを全部発揮して、勝利を掴みたいです」

明日の2時間40分レースでPPスタートするのはトリスタンで、後半のジョナサン・ボマリートにつなぎます。また、#70マツダプロトタイプはトム・ロングがスタートし、途中ジョエル・ミラーにバトンタッチします。レースは現地時間日曜日午前11時にスタートします。

参考動画 「トリスタン・ヌネスの社会貢献活動」 https://youtu.be/BmiMxIuypYo

【関連リンク】
IMSAデイトナ24時間レース2016
>>> ROLEXデイトナ24時間レースまであと3日
>>> マツダ・プロトタイプ、土砂降りの予選を通過
>>> 2台のマツダ・プロトタイプ、朝日を見ずに戦列を去る

IMSAセブリング12時間レース2016
>>> 井原慶子、マツダプロトタイプでIMSAセブリング12時間に出場
>>> 新「マツダMZR-2.0T」エンジンの活躍に期待
>>> デイ1 プラクティスセッションがスタート
>>> デイ2 マツダ・プロトタイプは、過去最高の予選5位と7位
>>> デイ3 マツダ・プロトタイプは2台揃ってトップ10フィニッシュ

IMSAロングビーチ・グランプリ2016
>>> マツダ・プロトタイプ、ロングビーチで4位、5位入賞

IMSAモントレー・グランプリ2016
>>> フロントロウスタートのマツダ・プロトタイプ、ポディウムにあと一歩

IMSAベルアイル・グランプリ2016
>>> マツダプロトタイプ、IMSAウェザーテック選手権で初表彰台

IMSAワトキンスグレン6時間レース2016
>>> マツダプロトタイプ、特別なリバリーでワトキンスグレン6時間レースに出場
>>> マツダプロトタイプは、予選2位と5位
>>> マツダプロトタイプ、ワトキンスグレンでは悔しい5位

IMSAカナディアンTMSP 2016
>>> IMSAカナディアンTMSP予選でマツダプロトタイプはPPと3位
>>> マツダプロトタイプ、IMSAカナディアンタイヤMSP戦も5位入賞

【関連動画】
>>> DAYTONA 24 HOURS 2016
>>> Watkins Glen 6 Hours 2016

Photo by Mazda USA

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ