MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

アメリカンレース

  • 2016/06/05
  • USCC

マツダプロトタイプ、IMSAウェザーテック選手権で初表彰台

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
6月4日(土)にミシガン州デトロイト郊外の市街地コースで行われたIMSAウェザーテック選手権「ベルアイル・グランプリ」にて、マツダUSAの公式チームであるマツダ・モータースポーツの55号車(トリスタン・ヌネス/ジョナサン・ボマリート)が3位に入り、二人のマツダ・ドライバーは初めて表彰台に上りました。また僚友の70号車(トム・ロング/ジョエル・ミラー)も4位に入賞しています。

今週末、2台のマツダプロトタイプは、デイトナプロトタイプ車(DP)のスピードに対して苦戦を強いられていました。マツダプロトタイプのシャシーは、ヨーロッパのサーキットのようなスムーズな路面を想定して設計されているため、ベルアイルのようなバンピーな市街地コースは得意ではありません。すぐれた空力特性もバンピーな路面では、効果が発揮できません。70号車は、金曜日にエンジン交換を行っており、土曜日朝のウォームアップセッションでスピンしていました。しかし、一度レースがスタートすれば、他車がクラッシュやメカニカルトラブルに遭う中、安定した速さを見せました。

【55号車ドライバー トリスタン・ヌネスのコメント】
「チームのみんなは、いま放心状態です。ここデトロイトで3位表彰台を手にしたからです。マツダの”飽くなき挑戦”テーマのおかげです。今週は、いまひとつペースがつかめずにいましたが、みんなで力を合わせて素晴らしいクルマに仕上げてくれました。混雑するトラフィックをすり抜けるのも問題ないし、ロングランでもタイヤグリップをキープしてくれました。僕ら自身もミスもなく、3位でレースを終えることができました。残りのシーズンを戦う上で、大きな自信となります」

【70号車ドライバー ジョナサン・ボマリートのコメント】
「初めて表彰台に上がれたことは、チームの将来にとって大きな一歩となります。今季の残り5レースがとても楽しみですし、今この時をエンジョイしています。チームはここに至るまで、長いこと懸命に働いてくれましたから。今は喜びをかみしめていますが、すぐにガレージに戻り次の準備を開始します。しかし、ここのバンピーな路面には閉口しました。バンプを通過するたびに首と背骨にすごい力が加わります。でもポディウムに上がれたので、そんな苦痛も飛んでしまいます」

【関連リンク】
IMSAデイトナ24時間レース2016
>>> ROLEXデイトナ24時間レースまであと3日
>>> マツダ・プロトタイプ、土砂降りの予選を通過
>>> 2台のマツダ・プロトタイプ、朝日を見ずに戦列を去る

IMSAセブリング12時間レース2016
>>> 井原慶子、マツダプロトタイプでIMSAセブリング12時間に出場
>>> 新「マツダMZR-2.0T」エンジンの活躍に期待
>>> デイ1 プラクティスセッションがスタート
>>> デイ2 マツダ・プロトタイプは、過去最高の予選5位と7位
>>> デイ3 マツダ・プロトタイプは2台揃ってトップ10フィニッシュ

IMSAロングビーチ・グランプリ2016
>>> マツダ・プロトタイプ、ロングビーチで4位、5位入賞

IMSAモントレー・グランプリ2016
>>> フロントロウスタートのマツダ・プロトタイプ、ポディウムにあと一歩

IMSAベルアイル・グランプリ2016
>>> マツダプロトタイプ、IMSAウェザーテック選手権で初表彰台

IMSAワトキンスグレン6時間レース2016
>>> マツダプロトタイプ、特別なリバリーでワトキンスグレン6時間レースに出場
>>> マツダプロトタイプは、予選2位と5位
>>> マツダプロトタイプ、ワトキンスグレンでは悔しい5位

IMSAカナディアンTMSP 2016
>>> IMSAカナディアンTMSP予選でマツダプロトタイプはPPと3位
>>> マツダプロトタイプ、IMSAカナディアンタイヤMSP戦も5位入賞

【関連動画】
>>> DAYTONA 24 HOURS 2016
>>> Watkins Glen 6 Hours 2016

Photo by Mazda USA

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ