MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

アメリカンレース

  • 2014/03/15
  • TUSC

セブリング12時間レース予選でマツダ2台に異変あり

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
フロリダ州セブリング国際レースウェイで3月14日に12時間レースの公式予選が行われ、それまで順調だった2台のマツダLMP2 SKYACTIV-Dレーシングにはそれぞれトラブルが発生。ベストタイムを更新することはできませんでした。

朝から快晴となり日中の最高気温が25℃にも上昇したセブリングで、午前中に行われた4回目のプラクティスでは順調に周回していた2台のマツダ・プロトタイプでしたが、午後5時30分から15分間の予選では、思うような走りができませんでした。#70は新人のベン・デブリンが予選ドライバーに指名され、彼は意気揚々とコースインしましたが、インタークーラーからエンジンへ圧縮空気を送るパイプからエアが漏れはじめたためエンジンパフォーマンスが上がらず、プラクティスで安定的に周回していたラップタイムを更新することができませんでした。一方の#07には18歳のトリスタン・ヌネスが乗り込み、タイムアタックに臨みました。しかし、こちらも走行開始直後から燃圧があがらず、エンジンへのダメージを心配したチームは走行中止を決断。公式ベストタイムをリザルトシートに残すことができませんでした。

ヌネスは、「午前中のプラクティスは非常に好調で何も案じることはなかったのですが、いざ予選となるとフューエルプレッシャーが上がりきらず、攻めることができませんでした。チームが原因を調べていますが、燃料ポンプか、もしかすると電気系のトラブルなのかもしれません。それでもエンジンそのものにはダメージはなく、クルーチーフが明日のレースは問題ない、と言っているので僕は楽観視しています」と語っていました。

ここにきて少し心配な予選結果となってしまいましたが、15日土曜日の朝予定されている20分間のフリー走行で復調が確認されれば、10時15分からの決勝レースは2台揃って出走できるでしょう。

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ