MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

アメリカンレース

  • 2015/11/23
  • OTHER(海外)

グレン・マクギー、マツダUSAシュートアウトに勝利。2016年MX-5カップのスカラシップを獲得

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
グレン・マクギーさんが、2015年のマツダ・ロード・トゥ・24・シュートアウトで最終勝者となりました。フロリダに住むiRacerであるグレンさんは、「2016 バッテリーテンダーマツダMX-5カップ」への10万ドルのスカラシップを獲得しました。この奨学金は、グラスルーツのモータースポーツで最大のものです。最優秀クラブマン・ドライバー選考会として2006年にスタートしたマツダ・ロード・トゥ・24・シュートアウトは今年で10年目。毎年1名のグラスルーツ・レーサーへプロへのチャンスを与えてきました。

グレンさんは、オンラインレーシングシミュレーターのiRacingから選出された史上初の勝者となりました。近年、iRacing参加者のノミネートの実績はありましたが、スカラシップの獲得は初となります。グレンさんはiRacingシムレーシングチャンピオン。さらに2015 MX-5カップチャンピオンのジョン・ディーンIIに、NC型のカップカーでトレーニングを受けていました。

勝利したグレンさんは 「信じられない。今年のマツダ・シュートアウトに参加できて、新しいグローバルMX-5カップカーをドライブできるだけで夢のようでしたが、総合優勝できたことは超現実的で嬉しくてたまらないです。多数の手強いライバルに対して、うまくiRacingバーチャルMX-5カップカーから実物のMX-5レースカーに移行することができて、想像していた以上の結果が出せました。マツダUSAは、長年才能あるドライバーをサポートしており、そして僕に2016年バッテリーテンダーグローバルMX-5カップ出場という特別な栄誉を与えてくれたました。マツダUSAとそのパートナーにどれぐらい感謝しているか、うまく言い表すことができません。これからMX-5をドライブするのが、ものすごく楽しみです」とコメントしました。

またマツダUSAのモータースポーツ・ダイレクターであるジョン・ドゥーナンは、「もう10年が経ったのが信じがたいですね。さて、マツダUSAは、またひとりのグラスルーツ・レーサーにプロ・レースへの最初の一歩を踏み出す特別な機会を与えました。今回は真新しい2016年マツダMX-5カップレースカーを使ってのシュートアウトとなり、ファイナリストのいずれも事前にテスト走行する機会がなかったため、とても特別なものとなりました。それぞれの候補者は、短時間にクルマやトラックに慣れる必要があり、二日間は非常に緊張感に満ちたものとなりました。それに加え、絶え間のない雨がその難しさを増したといえるでしょう。マツダUSA選考委員は、全員がドライバーたちの腕と冷静さに感心しており、審査の決定は非常に難しいものとなりました」と語っています。

グレンさんは、2016年バッテリーテンダーマツダMX-5カップに、ND型ベースの新型マツダ・グローバルMX-5カップカーを駆り、マツダUSAのサポートを受けて参戦します。チャンピオンシップの第一戦は、マツダ・レースウェイ・ラグナ・セカにて、2016年4月29日から5月1日に開催されます。

Photo by Mazda USA

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ