MZRacing マツダモータースポーツ情報サイト

アメリカンレース

  • 2015/05/04
  • OTHER(海外)

US海兵隊軍曹のドワイヤーとカーボネルが勝利し、マツダがCTSCCポディウムを独占

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
US海兵隊軍曹のリアム・ドワイヤーとチームメートのアンドリュー・カーボネルは、5月2日(土)にマツダレースウェイ・ラグナセカで行われたコンチネンタルタイヤスポーツカーチャレンジ(CTSCC)のSTカテゴリーで勝利を手にしました。彼らが所属するフリーダムオートスポーツは1-2フィニッシュを決め、マツダUSAのホームトラックであるマツダレースウェイにおける連勝記録を5に伸ばしました。カーボネルは、最終ラップでトップを走っていたトム・ロングのMX-5をターン9でかわし、そのままチェッカーフラッグを受けました。マツダMX-5はポディウムを総なめし、1~3位と5位に入賞しました。

2011年にアフガニスタンでIED(即席地雷)を踏んでしまったために左足の膝から下を失い、他にも多くの箇所を負傷したドワイヤーは、今週末スペシャルゲストをサーキットに招いていました。ドワイヤーの命を救ったUS海兵隊軍曹のアーロン・デニングがその人で、その勇気が讃えられブロンズスターメダルが授与されています。彼は、ドワイヤーのレースを見るのは今回が初めてです。デニングは、CTSCCレースの決勝スタートを告げるグリーンフラッグを振り、3日に当地マツダレースウェイで行われるTUDORユナイテッドスポーツカー選手権でグランドマーシャルを務める予定となっています。

Photo by Mazda USA

PAGE TOP

©  MZRacing. All Right Reserved.

サイトマップ